2008年10月29日

たのしい不便。

月末、クレジットカードの請求明細書が届く。あれ、これって何買ったっけ?

出来るだけ現金だけで生活したいね、と思っていた。クレジットカードや電子マネーのようなバーチャルな貨幣って、物(だけじゃないけど)を先に受け取って支払を繰り延べているわけで、たけきよさんのこと信用してますから、先に物をお渡ししますよどーぞどーぞ、なんて表面上はニコニコしているわけだけど、僕が支払わないことを担保する仕組みは既に出来上がっていて、とにかく今お金がなくても欲しいものが買えるんだよーっていう、甘くて恐ろしい罠なのだよ。
僕のようにビジネスの金を計算するのは得意だけど、自分のお金を計算することにまったく関心のない人間は、支払明細書が届いてから驚いてしまうのだよ。あーこんなに買い物しちゃったのね。通販なんかで、店舗名と法人名が異なったりすると、さてこれ何だったっけ?となる。

でもね、まだ、明細がわかるからいい。パスモのオートチャージを利用するようになって、さらに管理不能になってしまったのだよ。

パスモやスイカやイコカ(他にもあるのかな)などは、通勤通学に電車やバスを利用する多くの人が持っていることだろう。便利なことを否定はしない。というよりも、僕も少し乱用気味なのだ。電車に乗るのはもちろん、タクシーだって、コンビニだって、パスモだ。本を買ったり、食事をしたり、髪を切ったり・・・、使用可能な店を挙げたらきりがない。やっぱり便利なのだ。小銭のやり取りがなくて済むからね、タクシーに乗って1万円札差し出して嫌な顔をされないし、クレジットカードとちがってサインも不要で時間も短縮さ。

だから僕は、2枚のカードがあれば、現金を持たなくても普通に生活できるようになったのだ。パスモ、とクレジットカード。3千円以下はパスモ、それ以上はクレジットカードって切り分けだ。チャージされた金額が少なくなっても、毎日通る改札で自動的(勝手)にチャージされるから、残高不足になることを心配しなくてもいい。

でもさ、この自動的なチャージがクレジットカード会社経由で、月末締で請求されるのだ。請求明細は、単にパスモのチャージだから、こんなにチャージしたの?となる。請求金額と、購入したサービスや物品の間をうめる、記憶はもちろんまったくない。レシートなんてその場で捨てちゃってるからね。

何に使ったかよく憶えていないのに、お金を払うって、気持ちのいいものではないし、後払いって、やっぱり健全ではない。じゃーどうするの?お金を使わない生活?そんな仙人みたいなことは出来そうもないから、月末に家人からお小遣いを頂戴したら、全部を財布に詰め込んで、なくなりゃ月末まで何も使えないっていうのが、やっぱり一番シンプルなんだよな。少し不便だけどね。

便利だよ!と声を高らかに、企業は新しい商品やサービスを投入する。でもそれに抗って生きていかないとなって思う。少しぐらい不便で面倒なのが、ちょうどいい。以前、福岡賢正(著) の『たのしい不便』を読んでそんな生き方を思考したことをふと思い出した。

posted by たけきよ at 20:20| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

プシュー。

11時過ぎ。家人も寝静まって、一人の時間が始まる。就寝までの2時間。本を読むのもいい。録り貯めている黒澤作品でも見たいところだが、つまらない中国映画を見終わった後だから、映画はもういい。録画しておいた08年世界ロード選手権でも見るか。と一人ごちてリモコンのスイッチに手をやった途端。

プシュー。

突然、景気のいい音が、誰もいない隣の部屋から鳴り響いてきた。自転車乗りにとっては、お馴染みのあの音だ。

えっ、パンク!どないしたんや?スローパンクで、空気が抜けてしまったのではない。今ちょうど金属片でも踏みつけたように、威勢のいい音がしたのだ。

今日も自転車に乗った。息子のサッカーの試合が、鶴ヶ島であったので、自転車で出かけたのだ。早起きして、少し遠回りしてから会場入りすると、お母さん連中が"まー自転車でいらしたの?"だってさ。"オイオイ、狭山〜鶴ヶ島なんて、片道たったの20キロだぜー。"なんてことは口が裂けても言わない。"いやー、意外と近いモンですよ。どうですか?自転車。気持ちいーですよ。"なんてね。あと20キロ痩せてからじゃないと乗れないぜって、心の中で毒づいているのにさ、まー僕も、親として、息子に肩身が狭い思いをさせるわけにはいかないのだ。円滑なコミュニケーションを図るべく努力をしているのだよ。オホホ・・・。まーそれはいいとして、そんな感じで走ってさ、16時には帰宅して、軽く水拭きして、タイヤだって手で触ってさ、いつものように部屋の中のバイクラックに引っ掛けてから7時間後、突然パンクするなんてね。

こんなことってあるんだね。パナのR-Airだけどさ。半年使ってるから初期不良じゃないしなー。とっても不思議だよ。
posted by たけきよ at 23:15| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車(ロード) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

5回も千切れた。(でも楽しい。)

週末のツーリングに参加し始めた頃、3UPジャージを身に纏った皆さんは、とてつもなく速そうで巧そうで、何だか恐かった。今思えば、そうでない人も(?)いたんだけど、揃いのジャージで談笑する姿は、上級者そのものだった。自転車だって、雑誌でしか見たことのない高級車ばかりだしね。まー、初心者の僕には、凄い威圧感だったのよ。

そんな僕も、今では3UPのジャージを着て、(パッと見は、多少)やりそうな雰囲気を漂わすことが出来るようになった。いや、(上級者から見れば、全然)漂ってないのだけれど、そのうち・・・きっと・・・僕だってと思っている。本当は、やりそうに見えないのに、自転車乗ったらめちゃくちゃ速くて巧かった、って言うのがかっこいいのだけど、それは、速くて巧くなきゃ出来ないからね。でもさ、乗り始めの人から見れば、僕だってそれなりに見えるんだぜー。たぶんだけどね。

で、ここんところのツーリングだけど、乗り始めて間もない方が増えてきた。自転車乗りって、シャイで無口な人が多いけど、メット被ってアイウェアしちゃうと恐そうに見えるけど、そんなことないからね。はやく慣れて、こっちの世界にいらっしゃい!なんて傲慢だけど思っちゃいますよ。だってさ、のめり込んだほうが断然面白いんだもんね。

今日のツーリングも、そんな初々しい方々が何人かいらっしゃった。こちらの皆さんは遅い組ね。それに比べ、沖縄や富士チャレンジを控えて、(僕が見ても恐そうな)絞れた体の人たち。こちらはもちろん速い組です。勝手にオフ宣言して3キロも太っちゃった僕は、どちらにも属さない真ん中組で、N尾さんやkarupapaさんのハセツネ抜け殻組とともに、程程の負荷で走る予定だった。しかしだ。いつの間にか、速い組に吸収されちゃって・・・。

で、本日のタイトルだ。

その5回は、序盤戦の山王峠と小沢峠で千切れ、名栗湖集合後の名栗湖〜名郷×3本の往復錬で見事に3回千切れた。つまり難所では100%千切れたってことよ。トホホ・・・。

あー見事に疲れたよー。距離は100キロを越えてるし、Aveは30キロだもんなー。のめり込んじゃうとね、凄くきつかったり、とてつもなく疲れたり、5回も千切れて悲しかったりするけど、でもね、やっぱり断然面白いんだな。
posted by たけきよ at 15:21| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車(ロード) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

(着着と)太ってます。

タバコを吸わないと、いろいろとある。世の中が全て色褪せて見えちゃって、楽しいことなんてもう何もないんだなーって思ったこともあったけれど、いいことも確かにある。えーってこともあるけどね。

いいことは…。そうだな、お金を使わなくなった。僕が勤める会社は禁煙で、もちろんビルも全館禁煙だから、タバコが吸いたくなったらドトールとかに行っていた。一日で、タバコ×1箱=300円+コーヒー休憩×4回=800円で、合計1,100円。これが一月続くと約30,000円。なんと、タバコのために3万円も使っていたのだよ。もちろん、吸っている時は何とも思わなかった。逆にこんな快楽が得られるなら安いもんだねって思っていたぐらいだけど、吸わなくなったら無性に勿体無いと思うのだな。だって、1年で36万円だぜ!2年でそこそこの新車(もちろん自転車)が買えちゃうじゃん。ということで、早速500円玉貯金を始めましたよ。

もちろん、効用はお金だけじゃなくて、体にいいってこと。多分だけどね。今はまだ、身体に明確な効用は感じられていないのだ。微妙な味やその変化を感じやすくなったってことはあるけど、体が軽くなったとかは皆無だ。むしろ気だるい感じがするのは気のせいだろうか。でもさ、一般的に言って、体にはいいらしい。そう信じることにしよう。だから、家族に対してはいいことしたなって思う。僕の家族は、やめろー!なんて一言も言わなかったけど、きっと喜んでいるのだ。だって、みんな健康が一番だもんね。それにね、僕は今まで、君たちが一番大切なんだぜ!って声を大にして言い切ってきたのだけど、息子から"遊ぼうよ"と誘われると、"いいよ1本吸ってからね"って応えてきたように、息子よりタバコを優先させてきたのだ。これって、タバコ>息子ってこと。ちょっと極端かもしれないけど、事実だもんなー。

でもね、いいことばかりじゃない。えーっのもある。一番は体重だ。そう太ったのだ。デブなのだ。メタボなのだ。肥満なのだよ。この一月半で+3kgさ。聞くところによると理由は3つあるらしい。
@食欲が増したから。
A解毒に要していたエネルギーが不要となったから。
B吸収力が回復したから。
うーむ、納得だね。でもね、タバコを吸わないこととダイエットを、時を重ねて行うのは難儀だから、今はそのまま太っちゃおうと思っている。Sサイズの3UPジャージは着れなくなるかもしれないけどね。そして、吸わないことが自然になったら、ダイエットするのである。だから今は、美味しい物をたらふく食べてやるのだよ。こうなったらね。週末はじゃぶしゃぶにすき焼きじゃ。ヤッホー。


posted by たけきよ at 12:24| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

しばらく吸っていない。

しばらくタバコを吸っていない。王滝の前から吸っていないから、もう一月半になる。禁煙したわけではない。ただ、吸っていないだけだ。

王滝の数日前、多少タイムが良くなるかも?って悪あがきの気持ちで、吸うのを止めてみた。ゴールして宿に戻ったら、速攻吸おうって思っていた。でもね、なんとなく吸えなくてね。そんな"なんとなく"が積み重なって、もう一月半だ。

もちろん、ときどき吸いたくなる。強い欲求はなくなったけど、あっ、こんな時吸ったらうまいよなーって思うことが相変わらず頻繁にある。体も頭も心も憶えているのだよ。そりゃそうさ、(途中何度も禁煙しながら)30年も吸い続けてきたのだからね。いつでもどこでも何十万本も吸ってきたのだからね。僕にとって、タバコを吸うってことは極めて自然で普通の行為なのだ。そのうえ僕には、タバコを吸う(っていう取って置きの)能力がある。ルールを無視しちゃえば、電車でも、飛行機でも、もちろんレストランの禁煙席でも、喘息の子供の隣でさえ吸うことができるのだからね。

ところで、タバコを吸うってことは僕の中で常に問題だった。やめたいのに吸いたい。吸いたい自分と止めたい自分。こんなアンチノミーな自己矛盾を抱えながら生きてきたのである。おかしいよね。吸わないことを選択すれば、この問題は一瞬のうちに解決できるのにね。自由に生きたいと念願しているのに、あえて喫煙という制約を自分に課していたのだ。仕事や家族、日本の経済から今日の天気まで、なかなか自分でコントロールできない日々の暮らしの中で、タバコを吸う・吸わないという自らコントロールできる行為を意図的に返上して、依存症なんだよって言い放ちながら、被害者面してきたのであった。

でもね、今は吸わない。吸いたいという欲求に対し、吸わないという反応を懸命に選択しているのだよ。そんな"今"も積み重なってもう(やっと)一月半。もちろん、先のことはわからない。未来は選択できないからね。でもね、このまま一生吸わないでいられたらいいなーって思う。目標にしてもいい。目標は開かれた可能性だからね。

いや、やーめた。やっぱり先のことは考えまい。"今吸わないこと"だけを考えていよう。それの方が気楽でいいや。

posted by たけきよ at 16:08| 埼玉 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

合宿二日目。

好きなことを、好きな人と一緒にやれたら、こんなにうれしいことはない。
そして、その人が僕以上に楽しんでくれたら、もっとうれしい。
だからやがて、(具体的な期限を書くと息子が高学年になったら)
僕は連れ合いと一緒に自転車に乗りたいと思っている。
以前、連れ合いにゴルフクラブのフルセットをプレゼントしたように、
彼女にロードレーサーをプレゼントしようと思う。
イタリアのとびきりおしゃれなロードレーサーをね。

僕が好きな人は連れ合いだけじゃない。
家族だけじゃないし、もちろん女性だけではない。
今回は、古くからの大切な仲間と、自転車を楽しんだ。
僕が好きな自転車を、僕以上に好きな奴らだ。
題して"第1回 ARCHE ERRATIQUES CYCLING TEAM 河口湖合宿"。
S太郎の親父さんの別荘に合宿し、走って、食べて、飲んで、語ったのだ。
あーまさかこんな日が来るなんてね。

ad45.jpg

初日は、吉田うどん、富士スバルラインのHC、温泉、パスタ、飲酒、そして反省会。
二日目は、河口湖、西湖、精進湖ツーリング。と楽しんだ。
僕も楽しんだけど、彼らも僕以上に楽しんでいた。
そんなこと、二人の顔を見てればわかる。
だからね。また行こう。
posted by たけきよ at 16:02| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車(ロード) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

合宿初日。

4838.jpg

河口湖合宿所(S太郎の親父さんの別荘)に到着。


9400.jpg

スバルライン料金所より登坂開始。


FUJI.jpg

90分後、五合目到着。


4c9e.jpg

下山前の記念写真。


HANSEIKAI.jpg

暖炉の前で反省会。
posted by たけきよ at 23:31| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車(ロード) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

河口湖合宿。

明日から河口湖合宿だ。
学友のK田とS太郎の3人で、
走って、食べて、飲んで、談笑しての合宿である。
土曜日はスバルラインを5合目まで上ろうと思う。
日曜日は旧御坂峠を上るのもいいし、本栖みちを上るのもいい。
別に上らなくてもいいのだけど、合宿だから、多少きつくないとね。
吉田うどんを食べ、チームジャージのデザインを検討し、
スキー合宿の計画もしよう。
富士山は寒いのだろうな。厚着して行かないとね。
posted by たけきよ at 13:18| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車(ロード) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

5年ぶりの和田峠。

三連休最終日、学友のK田とツーリングに出かける。もともとは、S太郎と3人で出かける予定だったが、幼稚園の運動会の順延で不参加になったのだ。集合は夕焼け小焼けの里。和田峠を越えて、相模湖側から大垂水峠を越えて、昼食は高尾山口でトロロ蕎麦を食して解散っていうメニューだ。メインは和田峠。和田峠は、何度か越えたことがあるはずなのだが、随分前の話だ。ただ、Y'sのスーパーサイクリングで走ったときのことは良く憶えている。あれは2003年。あれからもう5年になる。辛かった記憶しかない。あの頃より、確実に楽に登れるはずだけど、どうだろう。楽しみである。

朝起きると、風邪気味だ。昨日の応援で冷えたかな。まーいい。ツーリングだしのんびり行こう。ルートは昨夜地図を見て頭に叩き込んだ。普段走らない道だから少し不安だけど、基本的には圏央道に沿って南下することになる。って言っても圏央道なんて、地下かトンネルばかりだから、その周辺を走るのだ。たぶん小さな峠を4つクリアすればいい。

狭山からいつものコースで飯能に出て、笹仁田峠を経由して青梅市街に入る。多摩川を渡り、満地峠を越え滝川街道をしばらく南下する。サマーランドの交差点を右折し秋川沿いを西に走る。東京五日市CCとサマーランドの間の網代トンネルと上川トンネルを抜け、61号線をしばらく走る。戸沢峠を越えて下ると、圏央道の八王子西インターだ。すぐ先の川原宿の交差点を右に曲がれば陣馬街道で、あと5kmで夕焼け小焼けの里だ。なんて書いちゃうと簡単だけど、距離にして40km超。トンネルはあるし、トラックは多いし・・・。十分疲れた。

9時、K田も到着。少し休憩して、さて和田に向かおう。浅川の支流だろうか、案下川に沿って斜度のない道を行く。その先を左折してしばらく走ると、いよいよ登坂開始だ。斜度はきつい。部分的には15度くらいはあるだろうか。ノーマルクランクだと、インナーローのダンシングが必要不可欠だ。ケイデンスは四十数回転。あートリプルが欲しい。ツベコベ言わないで、潔く買っちまおう。いつも僕は坂を上りながらこう思うのだ。そして、上りきったところでこんな風に思うのだ。なんだ上れたじゃん。ノーマルクランクでも上れるんだったら、足を鍛えればいいじゃん。やっぱノーマルのほうがかっこいいし・・・。なんて一人でやり取りをしながら上る。しばらく上ると、突然視界が開け、眼下に東京の街が広がる。こんなところがあったんだな。和田って眺望が悪いとばかり思っていたよ。そこから僅かで峠の茶屋が現れた。もう着いちゃったの?そうなの?簡単じゃん。なんて傲慢にも思ってしまったよ。久しぶりの和田峠。斜度はきついけど、鼻歌まじりで上れるようになっていたよ。

そこから上野原に向けて、車も少なく気持ちのいい道をダウンヒルする。そして20号の大垂水峠を一気に越えて、高尾山口の名物トロロ蕎麦を食して終了。9時集合で、12時過ぎにはお昼食べて解散できるなんて、なかなかいいツーリングでしたね。次週は富士山麓で合宿だから、今日はここまで。早めに帰宅して息子と遊ぼう。
posted by たけきよ at 22:10| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車(ロード) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

ハセツネ観戦ツーリング。

長谷川恒男カップ。通称ハセツネ。その種族の人たちにとっては別格のレースらしい。その種族をトレイルランナーと呼ぶ。某調査によると、トレイルランナーはマウンテンバイカーより規模の大きな勢力だそうだ。で、どんなレースか?っていうと、僕も正確には把握していないから、webサイトを見てみよう。
http://www.hasetsune.com/index.html
あっそうなの、日本山岳耐久レースって言うんだね。とにかく、総距離72キロ、獲得標高4800メートル、山道オンリー。これだけでビックリだね。特にシングルトラックを走っているマウンテンバイカーの人にはね…。でもね、想像つかないでしょ。勝手に想像しちゃってもねー。そんな簡単じゃねーぞ!って言われそうだしな。

そんなハセツネに、3UPメンバーが多数参加するというので、応援3割、物見遊山7割、って感じで出かけてみた。集合は8時、飯能市役所。途中青梅集合組と合流し、ハセツネのスタート13時までの間、青梅のお山に立ち寄って、トレイルライドです。いやー最高でんなー。久しぶりのシングルトラックだから、動きが多少ギクシャクしたけれど、楽しいね。目からの情報に経験値を加えて予測し、備えてはいるものの、一瞬一瞬で判断し操作する。操作を誤ればリカバリー。体を総動員させてインプットを増やし、最大のアウトプットを出すのだよ。黙々と走るヒルクライムと比べると、これが同じ自転車?って思うほど、異なる遊びだよね。ここんところ、ロード乗車率が高かったんだけど、これからの季節はMTB。やっぱり秋から冬のマウンテンバイクが一番楽しいね。

一頻り遊んで、景色のいい場所で、仕込んできた石窯パンを食べて、さて応援に行きましょう。スタート地点(ゴール地点)の武蔵五日市の中学校に到着すると、人人人・・・。それも、見るからに走りそうな体つき顔つきだ。そのうえ女性も多いんだなー。おーこれが噂のトレイルランナーか。なんだか少しかっこいいぞ。グランドに入って、3UPメンバーを見つけては談笑する。みんな、やれることはやったんだ!っていう穏やかな表情をしている。気負いはない。そうだよね。ランにまぐれはないもんね。あとは練習の成果を発揮するだけだもんね。僕たちは激励に来たのだけれど、安易に頑張れなんて言えないしさ。とにかく、怪我なくゴールして欲しいと思う。もちろんそれぞれが目標を秘めているのだろうけど、僕にとっては、それをクリアしたかどうかではなくて、エントリーしてスタート地点に立っているだけで十二分に偉大なのだよ。

SN3A0173_0001.jpg

さて、間もなくスタートだ。ホントはスタートの風景を見たいところだけど、応援ポイントの入山峠までは、ちょっとしたヒルクライムで、のんびりしてるとトップ集団の通過を見逃すかもしれないので、さっさと出かける。なんだか、こっちまで緊張しちゃうじゃないか。

ヒルクライムをしながら、この山を眺めながら、72キロもの行程を、夜通しの山走りを想像してみる。しかし・・・。僕には想像できない。こればかりは、参加した者にしか語れない何かがあるのだ。僕には想像することさえ許されない何かがね・・・。それを知るためには、参加するしかない。この時点において、僕のチョイスは一つだったのだけど・・・。今は、もちろん冷静だからね。そんな無謀なことは考えていない。僕みたいなドシロウトがねー、ハセツネさんと参加者に失礼だもんね。でも、山走りは挑戦してみたいなーって素直に思う。これはホント。

なんてこと考えながら、峠に到着。着順は(どうでもいいけど)T−Bookさんに次いで2位。さて、応援だ。

応援ポイントの入山峠は、スタートから7km、標高600mに位置する。ここは急な石段になっていて、スローダウンするという。いい場所に陣取って、僕はコーヒーとアンパンで、応援っていうより観戦気分だ。まだかトップは!って感じで待っていると、44分くらいでトップ集団が到着する。かつさんや速スギさんによると、有名選手のようだが、僕はほとんど知らない。知っているのは、横山さんと鏑木さんくらいかなー。この御両人は、以前王滝目当てで買ったアドベンチャーマガジンで拝見したのだ。そうだよ思い出した。オマケにDVDがついていて、このハセツネの映像を見たのだったよ。土砂降りの中の過酷なレース・・・。でもさ、やっぱり変だよな。素朴な疑問なんだけど、みんなプロなの?ちがうよね。普通に仕事してるんだよね。

そんな風に眺めながら、3UPメンバーの到来を待つ。まだかN尾氏!いやトップはT中さんか?なんて空気が漂う中、やっと(失礼!ホントはかなり速いのだけど)N尾氏到着。なんだか余裕の表情だ。かつ夫人も一安心のようだ。それにしてもかつさんは人脈あるね。みんなお友達みたいだったな。そのうち飄々とT中さんも通過。このあたりから渋滞が始まって、M岡さん、S田さん、K2さんと元気に通過していく。続いてKatoちゃんも無事通過。そしてそしてR45期待の星S山さんもやってきた。うーん、なんだかみんな楽しそうだな・・・。

ということで、応援も無事終了。あとは…。

僕もなんかやろうかな。
posted by たけきよ at 20:04| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

親子ポタ。

朝起きたら雨。今にも止みそうだけれど、ポツリポツリと降っている。走り出してしまえば、気にならない程度の雨であるが。明日もあるし明後日だって休みだ。無理して走ることもなかろう。

なんて、まったりとしていたら、雨がおさまってきた。今さら気合を入れて走る気も起こらないので、息子を誘って出かけてみよう。時速10キロ強のポタリングだ。目的地は決めてないけれど、息子のスイミングスクールに間に合うように、15時までに帰宅できればいい。お腹が空けば何かを食せばいいし、喉が渇けば何かを飲めばいい。自由気ままなお散歩だ。

入間川CRに出て、とぼとぼと北上すると、河川敷のグランドでは、サッカーに野球に多くの人たちが興じている。さっきまで雨だったというのにね。パシーン。小気味良い音がミットを鳴らす。ソフトボールだ。ちょっと見ていこうか。グランドに降りると、年配の方々が、かなりレベルの高い試合をしていた。息子と二人、ヘルメットをしたまんま、バックネット裏から覗き込む。きびきびした動きが気持ちいい。皆さん60代だろう。でも、相当な上級者だな。息子に、ソフトボールと野球の違いを説明しながら、観戦してたら、オジサンが、ボールを2個くれた。もちろん息子にね。孫へのプレゼントみたいなものだろうな。

大きなボールを、僕の小さなディバッグに詰め込んで走り出すと、今度は少年サッカーだ。奥のグランドでは、息子と同じユニホームが試合をしていた。チームの高学年生だ。へーなかなかうまいじゃないの。あと数年後に、息子たちもこんな試合を出来るようになるのだろうか。このくらいの試合だと、見ていても楽しめるんだがな・・・。僕は、基本的には応援しないようにしている。応援しちゃうと試合が楽しめなくなるからだ。観客を楽しませる、高度なサッカーをして欲しいね。それで勝ったら最高だけどね。

少し観戦して、また走り出す。初雁橋を渡り、鉄橋の下をくぐる。このあたりに来ると、人も少なくなる。前後に注意しながら並走し、学校のこととか、いろいろ話をしたり、話を聞いたりする。小学校も2年生になると、親父に話す事項を意識的に選択するようになる。母親には話すけれど、親父には話さない。おとーには内緒にしてくれよ!ってヤツだ。まだ少ないけど、どんどん増えていくのは確実だな。中学生になったら、話すことのほうが少なくなるだろう。そんな時、こうして自転車で走れたらいいなって思う。言葉を交わさなくても通じ合う事ってあると思う。キャッチボールみたいに向き合うのは恥ずかしいけれど、自転車のように同じ方向をむいて時間を過ごすっていうのはアリなんじゃないのって思う。

なんてことを、ふと思ったけれど、息子の話す内容は、DSだったり、サッカーだったり、転校生だったり、まだまだ幼い。もう少しこのままがいいなーと願う。

自転車は、落合橋に近づく。そろそろお腹が空いたな。この先のミオ・カザロで、ホットドッグ+ドイツビールをやるか、小麦市場で、パスタ+小江戸ビールにしよう。息子が選んだのはパスタだ。

SN3A0171_0001.jpg

たっぷり1時間かけてランチを楽しみ帰路に着く。帰りのルートは、川越の水上公園から、一般道を走る。普段の食を支える○○農園に立ち寄ったりして、予定通り15時に帰宅した。

息子はこれからスイミング。バイクとスイムのデュアスロンだ。忙しいんだなー。せっかくのんびり散歩したというのにね。やはり近頃の小学生は大変なのだ。
posted by たけきよ at 22:21| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

盗難。情報求む!

仲間の自転車が盗まれました。
現時点で把握している状況は、以下のとおりです。
見たとか、聞いたとか、どんな些細な事でもかまいませんので、
引っかかることがあれば、教えてください。
連絡は、takekiyo_0904@yahoo.co.jp まで。
よろしくお願いします。

■盗難状況
【日時】平成20年10月4日11時頃。

【場所】入間市元加治駅近くのアパート。

【状況】引越作業中の合間に持ち去られた。

【自転車特長】
(1)黒のフレーム、メーカー名のINDEPENDENTの白ロゴ。新車の為クロ艶あり
(2)フロントサスペンションは黒でFOXというメーカーのロゴあり

953339763_16.jpg

mikami40500.jpg
posted by たけきよ at 06:35| 埼玉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 自転車(MTB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

誕生日

45歳になりました。
お蔭さまで、今年も穏やかな誕生日を迎えることができました。
鮮やかで華やかな出来事など何もないけど、
まー大きいな怪我も病気も無く、あっという間の1年でしたね。
でもね、何もない他愛もない日々なんだけど、
こうしてなんとか送ることが出来るって、やっぱり幸せなんだよねー。
そんな幸せを、噛み締めることのできる年齢になった、
ということでもありますよ。
感謝感謝!

僕もいっちょ前に人の親になり、
最近不思議と、昔のことを思い出すようになりました。
僕が小学生の頃の、今の僕と同じ年の、45歳の親父をね。
色眼鏡をかけてハンチング帽を被ってさ、
仕事ばかりしてたけど、怖かったなー。
ホントに昔のことですけどね。

僕も、あの親父と同じ年齢になったのだな。
アハハ、そうなんだな。

久しぶりに、小学校に行ってみたくなりましたよ。
卒業した小学校と、あの頃暮した町にね。
自転車で、あの路地を廻ってみるなんてどうでしょう。
なんだか、爺くさいけれど、懐かしさにどっぷり浸かりたくなりました。
そんなことが、照れも無く出来る年齢になったんですよ。
ホント感謝です!

posted by たけきよ at 18:38| 埼玉 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

今日の仕事。

何だかとても忙しい。ブログを更新したいと思うのだが、ちょっと余裕がない。仕事とブログを比較しちゃうと、(とても残念だけど、少しだけ)仕事の方が大切だからこうなっちゃうのだ。仕事なんか楽しんだもの勝ちだから、出きるだけそうしたいと思ってきたけれど、サラリーマンである以上、そんなにうまくはいかない事もある。いや、そっちの方が多いかもね。気持ち悪い仕事だってある。やりたくない仕事もある。フロントラインの連中には決して教えられない怪しい仕事もね。

米国発のサブプライム問題が引き金になって、世界経済は混乱中である。緊急経済安定化法案も下院で否決されちゃってさ。まー、気持ちはわかるけどね。僕が働く会社は、US資本だけど、ドメスティックの実績は大幅ダウン。株価は急降下だ。ちょっとした小金持ちなら、お小遣いで会社を買えちゃうんじゃないかってくらい、会社価値は下落した。ドメスティックが駄目なら、その他の国で穴埋めするのは常套手段である。だから、もっと利益出せ!の一点張りだ。それも"今"のね。

とにかく、今期の、このクォーターの、いや当月の利益が欲しいのだよ。将来のことなんて誰も考えない。今の株価が最重要事項なのだ。そりゃそうさ。今が駄目なら(経営陣は)みんな首だもんね。極端な話、会社が無くなっちゃうかもしれないんだもん。

僕だって、会社が無くなっちゃうと、やっぱり少し困ってしまう。お金第一主義の社会に、(精神的には)抗って生きてきたけど、多少のインカムがないと自転車にも乗れなくなってしまう。チネリ号のフロントトリプル化計画もままならなくなる。

だから、今日もせっせと、裏技使って利益を捻出するのだよ。アハハ・・・。
posted by たけきよ at 23:34| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。