2008年12月31日

敷石のような日々。

2008年も終わる。
平穏な1年だったと思う。
ダイヤモンドのように煌びやかで眩い出来事があったわけではない。
敷石のような出来事を、コツコツと積み重ねてきたのだ。
しかし、同質に見えるその出来事は、一つ一つ手の上に載せて思い起こせば、
それはやはり僕にとって大切な日々だったのである。
確かに、いろいろな事があったのだ。

先ほどから、紅白歌合戦を聞きながら、
このブログをインデックスに、2008年を蘇らせてきた。
えっこれは今年の事だったのか?
とボケ老人(失礼)のように過ぎた日を懐かしんだ。

あー今年も、いい年だったのだな。

大晦日。家人と息子が紅白を見ている。
それを横目に僕は今年を振り返る。
1年の終わりの、心安らかなひと時である。

だから、来年も、
一日の終わりに、僅かな時間でいいから、
こんな心安らかな時間が送れたらと、強く願う。
そんな敷石のような一日を365個集めたいと思うのだ。

いよいよ、あと1時間。色々とありがとう。来年もよろしく。

posted by たけきよ at 23:15| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

走り納め。

○○納め、○○初め、ってやっぱり好きなんだよね。
けじめっていうのでしょうか。日本人の気質なのかなー。
とにかく、30日の今日、暖かい午前中、2008年の走り納めを一人執り行った。
乗るのはもちろん、今年から僕の相棒となったTURNER"青い稲妻"FLUXだ。

病み上がりってこともあるし、のんびり自転車を楽しみたいって事もあって、
狭山湖の周回ダブルトラックを走る。

081230_1204~01.jpg
↑↑↑早稲田大学を見下ろす丘で

久しぶりの自転車だけど、いや久しぶりだからこそ、とても楽しい。
クランクを回す事も、ブレーキをコントロールすることも、
ギアをチェンジすることすら、楽しいのだよ。
あーこうして、自転車に乗れることを、ホントに感謝したい。

もちろん(自転車に乗るなら)速いほうがいいし、巧いほうがいい。
かっこ良ければもっといい。
でもね、"遅い"と"速い"の差は、自転車に"乗る"と"乗らない"の差に比べると、
途轍もなく小さいことなのだ。
僕のように遅くて下手でかっこ悪い自転車乗りでも、
自転車に乗ることで得られる快感は、誰にも負けていないのだ。
(たぶん勝ってもいないけどさ、まー勝ち負けで評価すべき事柄じゃないからね。)

やっぱり自転車に乗ることなんだなー。僕にとって大切なことはね。

今年の(自転車の)目標は"自転車に乗ること"だった。
で、走り納めの今日、この目標を総括してみると、
"まだまだ!もっと乗りてー"だ。

そうだよね、もっと走りたいよね。
ということで、来年もこの目標を継続します。
来年もしつこーく自転車に乗りますよ。
皆さん、どーぞよろしくお願いします。
今年一年ありがとうございました。
posted by たけきよ at 22:09| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

感謝。

今年も明日と明後日を残すのみとなった。
あー、なんとか新年を迎えられそうだ。
今年もこうして、もちろん多少、好不調の波はあったものの、
なんとか毎日を過ごしてきた。
明日なんて来なきゃいいのに!っていうほどイヤな事もなく、
(同じように)早く明日になってくれ!っていうほど待ち遠しい事もなかったけれど、
大きな怪我も病気もなく、心労も辛労も(少)なく、過ごしてきました。
これって、奇跡的なことなんだよね。
だってさ、明日なんて(誰にも)約束されていないんだぜ。
みんな、朝、当り前のように起きて、昨夜の続きを生きていくけど、
明日なんて(もう)来ないかもしれない。
来たとしても今とは全く違う境遇で生きることになるかもしれない。
まさか!ってみんな笑うだろう。
OK、それなら誰か、僕に説明してよ。
明日って確実に来るのかい?
明日も、僕が僕のままだってこと、どうすれば信じられるんだい?

でもね、僕は明日を信じている。僕として生きる明日をね。

未来なんて果てしない先のことではなく、
明日というほんのちょっと先の将来に、ささやかだけど確かな希望を信じながら、今を生きる。
一生なんて、そんな他愛もない僅かな希望を感じながら生きる今を繋いでいけば、
なんとか生きられるものである。
この年になって、そんな大事なことに(やっと)気付きはじめたのだよ。

だから、どうしようもなく情けない一日でも、僕には大切で愛おしいいのだ。

そんな風に、2008年も(今日まで)363日の平穏な日々を過ごしてきた。
そして、今年もあと二日となった今、思うことは・・・。
やっぱり感謝だな。僕は金もなきゃ物もないけど、感謝だけは出来るからね。

さて、僕はこれから仕事。
あーこんな年末まで(大好きな)仕事ができて、うれしく思います。
ホントに思っています。決して疑わないでくださいな。
posted by たけきよ at 15:14| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

不調。

ちょっとした事なのだろう、地球規模で考えたら些細なことなのだ。
でも、僕の中では、ほんの僅かだけれど、しかし確実に掛け違いが起こっている。

先週の金曜日、朝起きたら風邪を引いていた。
その日はさっさと早退したけれど、夕方になって39度以上の熱がでた。
インフルだと周囲に迷惑をかけるため、(たぶん)10年ぶりに内科を訪れた。
お化け綿棒を鼻の中に突っ込まれたが、結果はインフルじゃなかった。
土曜日は学友の忘年会。両国でちゃんこだったが欠席し、翌日日曜も家でゆっくりする。
もちろん自転車には乗っていない。
月曜日は、金曜分を取り戻すべく一生懸命働いたら、夜中の3時になっていた。
タクシーで帰ったものの、翌日の3UPロングツーリングは不参加。
24日はクリスマスイブで、チキンとケーキをたらふく食べたら夜中になって熱がでた。
25日は最悪の状態で自宅療養。
そして、今日26日は御用納めで、丸く納めたかったのだが、全然納まりそうもない。
そのうえ29日月曜日はUSから来客があって午後から出社。
ということは、3UP忘年会も不参加だ。

そして今も、同僚が、部下が、そして上司が、"よいお年を!"って言って帰っていく。
今年もあと5日。さー僕は、この難局を乗りきって、輝ける2009年を迎えられるのか、否か!
果たしてどっちだ。
posted by たけきよ at 20:02| 埼玉 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月19日

風邪。

朝起きて、一番最初に思ったのが"首が痛い、寝違えたかな?"だ。この12月から、我が家は湯たんぽなるレトロかつエコな暖房器具を導入していて、僕はいつの間にかそれを中心にくるっと丸まって寝ていたから、その変則的な寝相のせいで、寝違えたのだと思った。しかし、その違和感は寝違えたのとは明らかに異なる。首の後ろ側から30度右に戻った辺りに痛みがある。リンパ節が腫れているのだ。そのうえ各関節が、ほんの数ミリずれてしまったかのように収まりが悪く、何とも心持の悪い痛みがあるのだ。あー風邪だ。

なんとか会社に来たものの、震えが止まらなくなってきた。あー金曜日だというのにね。どうして風邪を引いたのだろう。12月にしちゃ規則正しい生活をしていたのだよ。でも答えはひとつ“体が病気だと風邪をひく”のだ。野口晴哉大先生の教えだ。風邪は体が弱っている時にひくのである。風邪を引くってことは、体が弱っているよーっていう有りがたいサインなのだ。だから僕は、布団の中で横になって体が病気を治すのをゆっくり待ってあげようと思う。(薬なんかに頼らないで)体本来の力を呼び覚ますのだ。だから(こんなブログなんか書いていないで)あと少しだけ頑張ってとっとと引き上げようと思う。
posted by たけきよ at 10:37| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

これ飲んでLSD。

何度も(このブログに)書いているのに、そうやって自分に対して警笛を鳴らしているのに、一向に改善しないのが"体重"である。もちろんやせ細ってどうしよう!なんてことではなく、だらだらと右肩上がりの純増傾向にあるのだ。あー、経済の指標は、先行指標も遅行指標も概ね右肩が下がっているこのご時勢に、僕の体重グラフだけは堅調に微増傾向なのである。

減量なんて、僕のようにだぶついた体の持ち主にとっては、毎日の食事をほんの少し制限すれば、確実に成果が得られるはずの極めてシンプルなプロジェクトであるのだが、その日々のささやかな積み重ねを継続することが辛いのである。僕は子供の頃から、コツコツとした地道な営みが嫌いだった。小学校の漢字ドリルなんて、例えば20問あるとすれば、4番から17番までをぬかして、つまり6問だけ回答して、こんなことしたってバレるに決まっているのに、平気な顔して提出していたのだ。呆れた先生に再三注意されても、心の奥では(前日に勉強して)テストで百点取ればいいんだろうとうそぶいていたのである。で、その結果、誤字だらけの文章をこうして平気で公開する、面の皮の厚い中年親父になってしまったのであるよ。アハハ…。

とにかく、毎日の食事制限はいやだし、日々の運動もちょっと無理。もちろん"いや"で"無理"な話では全くないのだが、これをやると決めちゃうと、毎日毎日出来ない理由を探す愚かな僕が出張ってきて、情けない自分を掘り起こす作業をしているみたいで精神衛生上よろしくないから、違う方法、つまり『楽して一気に痩せる』なんてインチキくさいダイエット広告のようなやり方で、ダイエットを試みるのだ。

僕の生活パターンを振り返り、行動を棚卸すると、唯一ダイエットに結びつきそうなのがやはり"週末の自転車"である。この週に2回の、それも午前中だけの営みを最も戦略的で効果的なダイエット活動とするのである。で、購入した秘薬が(以前karupapaさんに教えてもらった)これ↓↓↓。それも大だ。今週末から、これ+LSDで、楽して一気に痩せるのだよ。レビューを読んだりすると、物凄く汗が出て脂肪が燃えまくるそうだがどうなんでしょ?とにかく週末が楽しみなのだ。

081203_2143~01.jpg
posted by たけきよ at 20:21| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

雨の12月の日曜日。

もしかして?と思い、6時に起きてはみたものの、近頃の天気予報は悔しいほどに精度が高く、外れることなく冷たい雨が降る。晴れの予報の時、雨でも降ろうものならコテンパに口汚く罵倒するのだが、雨予報で雨だったりすると、何故外れないのだと理不尽に罵るのである。身勝手なのは重々承知ではあるが、これが僕のありのままの姿だし、特に直すこともないだろう。しかし、僕が何を思いどううろたえようが、雨は降ることを止めようとしない。

さて、気を取り直して、年末の大仕事でも始めよう。初手は本の片付けだ。今年もたくさん本を読んだ。単純に週2冊でカウントしても100冊にもなる。この100冊のほとんどを僕は四六版の新刊で購入しているわけで、この分を図書館で調達していれば高級ホイールが買えてしまうのに・・・と、ついついけち臭いことを考えてしまう。しかし、究極の選択ではないけれど、"本"と"自転車"どちらかを選びなさい!と言われれば、思い悩んだ末ではあるが多分本を選ぶのではないかと、今、本の山を目の前に漠然と思うのである。

と書きながらも、あえて今年読んだベスト3を列挙せよ。と言われれば、うーんと唸ってしまうほど突出した書物はなかった。僕の感受のレベルが下がったことが主因かもしれないけど、自転車にまつわる印象に残った出来事を3つ挙げよ!と言われればすぐに頭に思い浮かぶのであるから、先ほどの究極の選択は自転車に軍配が上がるのかもしれない。

なんてことを、本をペラペラめくりながら考えていると、あっという間に1日が過ぎてしまう。とにかく大掃除だ。こんなところや(写真A)、こんなところに(写真B)、一見、整理整頓されているように見えて、ただ重ねただけの本を、一旦ダイニングテーブルにのせて(写真C)から、次の4パターン分類した。@永久保存、Aしばらく保管、Bとりあえず保管、Cブックオフ行き。そして、@Aは書棚(写真D)に納め、Bはクローゼットを改造した書庫(写真E)に突っ込み、残りは有無も言わさずブックオフ行きのダンボールに放り込んだ。よーし、完了。

【写真A】
081101_0931~01.jpg

【写真B】
081101_0930~02.jpg

【写真C】
081101_0930~01.jpg

【写真D】
081101_0933~01.jpg

【写真E】
081101_0937~01.jpg

次は年賀状の作成だ。やれやれ。
posted by たけきよ at 15:18| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

3UPのエアブロックジャケット。

昨日のロングツーリングは楽しかった。けどね、この時期(そして、これから2月末まで)のロードは、出かけるまでにかなりの気合が必要だ。行くぞっていう気合がね。だってとにかく寒いのだよ。僕のような中年は、ただでさえ発熱量が少なくて末端が寒いというのに、確かに様々な高級ウェアーで武装しているとはいえ、時速30キロ超で冷気を切り裂いて走るのだよ。指先や足先、そして両耳は千切れちゃうぞと言わんばかりに凍えるのだ。

だから、僕の中で冬物ウェアーのプライオリティは、自転車本体と同等かもしれない。極寒の時期、自転車がなくっちゃ(当り前に自転車に)乗ることは出来ないが、機能的な自転車専用防寒着がなければ、僕は間違いなく走らない。コタツで丸くなっちゃうのだ。だから、自転車と防寒着は冬場のライドに必須である。それも同等にね。

で、昨日の出で立ちは、ASSOSのエアブロックジャケット851とエアブロックタイツ851と上下決めてみたものの、シューズカバーとグローブと耳あて付ウインターキャップは国産のP社。一番冷える末端部分もアソラー化して武装したいのだが、あの価格を拝むとそれじゃなくても寒い懐に強力な寒気が流れ込むんだよなー。でも、いいモノは圧倒的にいいということは、四十五年の人生で学んだことの一つであるから、徐々に購入していきますよ。ホント少しずつだけどね。

ところで、土曜日のMTBツーリングの時に、店長から冬物チームジャージ構想が発表された。現在のチームジャージデザインをベースにしたASSOSのエアブロックジャケット851を拵えようというものだ。いいねー。でもどうしようかな。そのお金で、末端アソラー化計画が完結するのに…。

しかし、仲間が着ているの見た僕は必ず、"あー頼んでおけばよかった"って後悔するのだよ。そんな自分のことは十分にわかっているのだ。自分が所有していないものを見て、それを強く欲しがる人を、僕は勝手に"貧乏人"と定義してるのだけど、自転車に関しては特に僕は、まぎれもなく貧乏人なのだよ。

で、ほんの一瞬迷った後、買いますよ!って名乗りあげたわけだけど、完成は来春以降でもちろんこの冬には間に合わないけれど、どんな感じになるか今から来年の冬が楽しみだね。
posted by たけきよ at 18:55| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車(買い物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

今年最後のロングライド。

あー師走である。だからといって、だらけきった僕の生活を悔い改めて、残りのひと月を清く正しく送ろうなんて殊勝なことを考えたわけじゃない。ただ、これから年の瀬に向けて、日を追うごとに慌ただしくなる。それは、朝起きるのが辛くなるのと同じぐらい確実なことだけどね。僕の貴重な週末自転車ライドの時間は、ジリジリと削られていくのだ。

敵は、例えば大掃除。ドロドロの換気扇をキュッキュというぐらい磨き上げたり、猫の額くらいの僅かなリビングのフローリングにオイルを塗ったり、手の届かないダウンライトを交換したり、網戸の網を(この先しばらく使用しないけど)交換したり、撮りっぱなしでごっちゃりとPCにつっこんだだけの闇鍋のような写真を整理したり・・・。などの共用物に加え、書棚からはみ出した僕の本をブックオフに持っていったり、自転車関連の荷物を整理整頓したり・・・、の個人的な大掃除もある。もちろん、チネリとターナー愛車2台をばらして磨いて組み上げるっていう、楽しい大掃除もあるけどね。

あー普段からやっておけば、こんなことにならないのにねー。じゃー今日から早速やれば?って問われれば、いえいえ今日も自転車に乗りまする。なんたって、今日は15時まで家人が外出するので、つまり15時まで僕は心置きなく自転車遊びが出来るわけで、8時に出発したとして7時間も走れるわけだから、今年最後のロングライドに出かけない手はないのである。

で行き先は、先日時間切れでその林道入口(終点)の看板だけ拝んで涙ながらに引き返したあの陣見山林道である。往復(たぶん)150km超走って、昼までに戻ろうなんて無茶だったのだよ。でも今日は大丈夫、時間はたっぷりあるからね。

でコースは、嵐山から小川町に入って、国道254から八高線に沿って林道梨ノ木線を走る。折原の駅からB社の工場脇を走って、折原橋で荒川を渡って真新しい道路を直進し、突き当りのかんぽの宿寄居を右折し美里方面に北上する。円良田湖の先を左折すると林道陣見山線だ。ここまでの走行距離は60km超。やっぱりちょっと遠い。

確かにちょびっと遠いのだけど、結論を申し上げると、この林道"陣見山線"はお勧めだ。なんたって景色がいい(理由その@)。その素晴らしさは、僕が言葉を連ねるより、(僕の撮った下手な携帯)写真のほうが(まだ)雄弁だろう。

↓↓↓陣見山手前から北北東方向。関東平野が一望できる。
081207_1056~01 jinmi1.jpg

↓↓↓間瀬峠から南方向。眼下の長瀞の町が美しい。
081207_1109~03 Jinmi2.jpg

理由そのAは、車が(ほとんど)走っていないってこと。この林道は、自転車と許可された車両を除いて、走ってはいけないことになっている。だから、下りも(もちろんカーブミラーを見ながら)積極的に走れるし、みんなで談笑しながら並走することも可能だ。

そしてこれも大事。理由そのBは斜度が緩やかなこと。インナーローを使用しなくても、(ノーマルクランクの僕でさえ)ケイデンス80〜90でクルクル走れるのだ。

そんな快適な道を、榎峠、間瀬峠、と走って不動山までやってきた。あーホント至福のサイクリングだ。峠道なのに心拍はマフェトン領域内だ。そのまま出牛峠に下って前橋長瀞線で長瀞の町を抜け、82号線で波久礼駅に向かってもよいのだが、至福のサイクリングをもう少し堪能したくて、来たルートを戻ることにした。下り基調の林道を、十数キロにわたってのダウンヒル。その間、自転車の方はいらっしゃったが、対向車は1台。ホント1台だよ。だから先ほども書いたけど、カーブミラーを見ながら道幅を積極的に有効利用したコーナリングが可能。最高のダウンヒルだった。

いやー楽しかった。次の楽しみはもちろん昼食だ。この辺りだと、寄居のらーめん"うさぎや"が今までの僕のパターンだったけど、実は行きたい店があるのだ。先週のB級グルメツーリングで下調べしたんだけど、小川町にある"つけ麺どころ めん家りく"だ。ルートは鉢形城公園から東に走り、男衾駅を抜けて赤浜小川線に合流しそのまま南下、254バイパスを渡ると目的地だ。一見普通の住宅だけど、明るくて清潔感溢れる店内で、つけめん大盛(麺300グラム、アップチャージ無し)をいただきました。予想以上においしくて大満足。まーお腹ペコペコだから何食べてもうまいのだけどね。

食後は、いつもの帰宅ルートで南下し15時ちょーどに帰宅。いやー久しぶりに単独で150km走りました。走行時間は6時間でAve25km/h。サイクリングモードのゆったりペースだけど、年内最後のロングツーリング、気持ちよかったな。これで本年のロードはめでたく終了にしましょうね。年内あと何日走れるかわからないけど、残りはマウンテン三昧で締めくくるのだ。
posted by たけきよ at 22:53| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車(ロード) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。