2009年04月30日

B級グルメ対決。

自転車の小旅行は、それだけで十分楽しいが、
行く先々で未知の名物料理と遭遇すると、たちまちそれは倍増するのである。
これは自転車に限ったことではないが、裏通りのうらびれた店が実は隠れた名店だった!
なんていう素敵な出会いは、自転車ならではだと思う。
特にB級グルメは、自転車乗りにとって喜びと幸せの補給食である。

では、車で移動中の食事はどうであろう。
ここでは既知との再会と出会いを楽しみとしたい。
過去の経験やいろいろな情報から、食べたいご当地グルメや郷土料理、
もちろんB級グルメをもピックアップし、その評判店をターゲットとする。
そして、それを実食することで楽しむのだ。

こんなことを書いたのは、今週末に帰省するからである。
本来であれば、偶然の発見を楽しみとしたい。
しかしGW中の家族連れの帰省では、それはなかなか叶わない。
空っぽになった息子の胃袋は、偶然の出会いを待ってはくれないのである。
そのうえ、ETC効果による渋滞も想定できないから、
迂回ルートも含めて、グルメポイントをリストアップするのである。
さすがおとー!と言わせるためには、地道な準備が必要不可欠なのだよ。

で、早朝狭山を出発した僕たちは、
圏央道から中央高速を走って一気に河口湖インターを目指す。
ここまでが渋滞していたら、たぶん小腹が減っているだろうから"吉田うどん"を腹に入れよう。
順調に流れていたら、そのまま139号線を走って"富士宮焼そば"だ。
牧場のアイスクリームも欠かせない。
この先、西富士道路から東名高速に乗るけれど、
渋滞していなければ吉田ICか牧の原ICまで走って、海沿いで昼食だ。
新鮮な海鮮料理を堪能しよう。
高速が渋滞してたら下道を選ぼう。
上が混んでいれば下も同じだけれど、いつでもグルメポイントに逃げ込める利点がある。
例えば、由比あたりで"桜海老のかき揚げ"はどうだろうか。
少し先の静岡では、B級グルメの"静岡おでん"がある。
焼津まで行って"生しらす丼"もいい。
まだまだある。

なんてこと調べていたら、全部に行きたくなってしまったよ。
さーて、実際は何が食べられるのだろうか?
ファミレスだけは避けたいけどね。
結果は次週だ。
posted by たけきよ at 19:26| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

ゴールデンウィークの予定。

GWだ。
16連休なんて人もいれば、暦どおりの人もいる。
休みなんてないよって人もいるだろう。
僕だってもちろん休みは多いほうがいい。
でもね、仕事だって(僕の中での優先順位は5番目だけど)大切なのだ。
会社は、特に休日を定めていないから、いや労基法の休みは設定されているのだが、
そんなもん誰も守っちゃいないし、僕も守るつもりはない。
働かされているのではなく、(主体的に)働いていると思いたい。

そんな僕にもGWはある。
じっくり自転車に乗りたい。
故郷に帰って親孝行もしたい。
家族で旅行に行きたい。
本も読みたいし、映画も見たい。
そんなニーズを詰め込んで優先順位でソートしたら、
こんな予定になりました。

29日:ARCHEツーリング(陣見山周辺)
30日:仕事
1日:仕事
2日:帰省
3日:帰省(温泉)
4日:帰省(温泉)
5日:帰省
6日:自転車(MTB)
7日:自転車(単独ロングツーリング)
8日:たぶん仕事
9日:自転車(ロングツーリング)
10日:自転車(3UPビギスクか、単独ロード錬)

明日からの10日までの十二日間で休みは九日。
そのうち自転車に乗るのは五日だから、
例年よりも自転車比率がちょびっと高いような気がするな。
ということで僕のGWが始まります。
天気がいいとうれしいな。

あっロビオさん。9日土曜日はロングツーリング行きましょうね!
posted by たけきよ at 11:56| 埼玉 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

野球観戦。

♪ちょっと高いフライ
  雲に溶けてボールが消えた
   今日はじめて見た
    あなたがまぶしい草野球♪

なんて昔の歌を、ついつい口ずさんでしまいそうな日曜日。
屋根付きのビアガーデンになって久しい西武ドームに、プロ野球を見に行く。
自然との共生を狙ったのだろう。ここは確かに屋根はあるものの、
狭山丘陵の風がそよぎ、緑が香る。
雨でも野次を飛ばしながらビールが飲めるっていうのは具合がいいが、
今日のように圧倒的に空が青いとその下で観戦したくなってしまう。

(大人になってから)ほとんど興味のない野球だけど、
WBCの影響もあるだろうね、天気のいい日に、
プロの最高のプレーを息子に見せてやりたくて、出かけてみたのだ。

090426_1150~01.jpg

野球観戦ってプレイボールまでが、なんだかとてもザワザワしてしまう。
西武ドームは、家人の実家から散歩がてらに歩けば、すぐの距離だけど、
球場のざわめきが聞こえてくると、少しばかり速足になる。
入場口の手前では、球場内にも沢山の店があるというのに、
B級フードの列に寄り道してしまう。
財布の紐もついつい緩むのだ。

入口の先は、なだらかなヒルクライムだ。
長いスロープを上っていく。
グラウンドは見えない。
応援団の声が強まる。
駆け出す息子。
そして、眩しいくらいの人工芝の緑が目に飛び込んでくる。
おー。
思わず声が出る。

090426_1259~02.jpg

席は1累側ベンチの上、前から2番目だ。
ビール目的なら、内野自由席の最上段が気持ちいいのだけど、
息子は、選手に近いところで見たいと言った。
この距離だとバットの音が気持ちいい。ミットの音も小気味いい。
応援団の音をもう少し遠慮してもらえたら、
プロスポーツの凄まじい音を聞くことが出来るのにね。

まーいい。とりあえずビールだ。
プレミアムモルツのお兄ちゃんはどこだ。
エビスのオネエチャンがかわいいのはチェックしたけど、
一杯目はモルツでいいでしょ。

グビィ、グビィ。
さーて、プレイボールだ。
posted by たけきよ at 23:34| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

単独ロングツーリング。

@N@mikiさんブログを読んで、無性にカツ丼が食べたくなった。
Aロビオさんの八丁峠単独ロングツーリングは素晴らしいぞ。
B来週に控えたARCHE春のツーリングの下見をしよう。
CTDNに備えて長い距離を走りたい。

なんてことがあったので、今日日曜日は家族の了解を得、午後まで走ることにした。

6時半に目覚ましを仕掛け、7時過ぎには準備OK。さあ出発だ。定めた目標は本庄市児玉の"きらく"。カツ丼の人気店だ。ロビオさんの八丁峠に比すると目標の難易度が数段下がるが、とにかく今日はツーリング+カツ丼なのだ。。寄居の"今井屋"に行きたかったけど、この時間の出発だと寄居到着は9時台。昼食には少しはやいし、まだ開店前であろう。だから、"きらく"のカツ丼がターゲットなのだ。

少し補足しておこう。寄居の今井屋、小鹿野の安田屋などの名店に劣らずおいしいのが、この"きらく"だ。見た目がロードサイドの中華料理屋だから、若干旅情気分を阻害するが、好きな味だ。この付近の自転車乗りなら周知のことだけど、カツ丼っていっても、卵とじのカツが熱々ご飯の上に載るカツ丼じゃない。揚げたてのカツを秘伝のタレにさっと絡めて、そのままほっかほかのどんぶり飯に載せたのが、この辺のカツ丼だ。詳しく知らないが、この辺独自のものではないようだ。いろんなところに、この方式のカツ丼の名店が存在しているようだ。たぶん卵が貴重品だったことが影響していると思う。しかしもともと、卵とじのカツ丼よりトンカツ定食の方が好みだった僕は、はじめて食べた時にしたり顔になったものだった。

とにかく、今日はカツ丼+ロングツーリングである。天気もいい。朝は少し肌寒いけど、そのうち暑くなるだろう。走行距離は150キロを軽く越えるだろうから、足に負担の掛からないルートを選んで、嵐山、小川町を経由して寄居に到着する。ここまでで60キロ弱だ。

ところで、来週のARCHEツーリングであるが、メンバーのK田、S太郎ともに、今年お初のライドだという。そこで、斜度が緩やかでツーリングに適したルートとして僕が選んだのは、寄居に集合して陣見山〜間瀬峠〜長瀞を巡るコースである。ここは、僕の好きな道で、なんせ斜度が緩やかでそのうえ眺めのいい箇所が断続的に続く。二人の自宅から遠いけど、一緒に走りたかったコースである。

このルートをトレースしよう。荒川を折原橋で越えて、140号を横切って直進。少林寺を右手にかんぽの宿を左手に見ながら、少し上ると円良田湖だ。その先左折が林道陣見山線の始点で、標高531メートルの陣見山に向かって緩やかに高度を上げていく。右手には関東平野が望めるのだが、春特有の霞のせいか今日はディテールがぼやけている。林道十二天線、林道小平線との分岐を見送りながらさらに進むと、ほどなくピークを迎える。陣見山山頂付近だ。ここまで、北斜面を上ってきたが、ここからは南斜面を走ることになる。景色は一転して、眼下に長瀞が現れる。榎峠でパチリと一枚写真を撮って、先に進む。

090419_1045~02.jpg

道は下り基調になって、ほどなく287号線長瀞児玉線とぶつかる。間瀬峠だ。すぐ先を左折して不動山に上っていけば、眺望のいい場所があるけれど、このまま287号線を児玉方面に下る。下りきる途中の左手が間瀬湖だ。間瀬川を堰き止めて造った間瀬湖は、昭和12年に竣工した灌漑用コンクリートダムだけど、桜の名所としても有名である。しかし、もう遅かった。そのかわり、へら鮒の釣り客でいっぱいだ。

090419_1121~01.jpg

そのまま北上すると462号線。左手に曲がると目的地"きくら"だ。時間は11時過ぎ。予定通りだ。昼食のカツ丼は別の機会に詳細報告するとして、ツーリングを進めよう。

ここからは小山川に沿った44号線秩父児玉線で出牛を目指す。交通量が多いなだらかな上り基調の道だけど、いいペースで南下する。右折藤岡の太駄中の交差点を直進して、1.5キロも走ると出牛の交差点だ。左手の13号線前橋長瀞線を選ぶと、途中林道陣見山線の終点があり、長瀞に向けて一気に下る。

ここは一年前、TDN練習ツーリングで走った道だ。あの時は志賀坂手前でヘロったけど、今日は随分調子がいい。といってもあの時とは負荷が異なるからなー。たぶんあの時は、メンバーもメンバーだからハイペースだったのだよ。今日はここまで100キロ弱走ったけど、平均速度は25km/h、平坦地の巡航速度30km/h。このくらいが一番気持ちいい。キョロキョロできる散策ペースは、この程度が(僕にとって)MAXじゃないかな。

ツーリングは140号線を越え、線路を横切り、高砂橋までやってきた。

090419_1230~01.jpg

橋の上で一息つく。さーどうしようか。このまま82号線で寄居に戻るか、釜伏峠を越えようか。足はある。しかし自宅までの道のりを考えるとあの激坂を上るのは無謀だ。なんたってお気軽ツーリングだからね。ということで82号線を選択する。楽だと思っていた82号線だが、金尾山あたりは何気にきつかったぞ。

荒川を渡り140号線から脇道に入ると、ARCHEツーリングコースは一周したことになる。その脇道にある新井製菓舗で味噌まんじゅうを買って、目の前にある公園で休憩する。POLARを確認すると、この周回コースはは50キロ超だった。なかなかいいんじゃない。食事と休憩と+αの寄り道すれば5時間くらいになるだろうか。元気であれば釜伏峠まで上って高原牧場でアイスもある。来週が楽しみだ。

これで、本日の要件はほぼ終了。のんびりと帰宅しよう。で、往路とほぼ同じルートを帰路に選んだけど、午前中無風だったのに今は完全アゲインスト…。これが思いのほか辛かった。寄居から狭山までの60キロ、まんべんなくだもんね。ヘロヘロになりながら15時に帰宅。走行距離170キロ超。平均速度は25キロを割って24キロ台。後半のアゲインストがなければ快適だったのにさ。あー疲れた。単独ロングって、思いのほか疲れるのだ。今度はみんなと一緒に走りたいね。
posted by たけきよ at 22:55| 埼玉 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 自転車(ロード) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

週末のロングライド。

自転車に乗るに当たって、自ら科している制約がある。
それは、お昼までに帰宅するっていうことだ。
家人に言われたわけじゃないし、息子と約束したわけじゃない。
もちろん、年に数回、例えば乗鞍のHCとか王滝のレースとかは泊まりで家を空けるし、
終日走りに行くこともある。
でも、概ね自転車に乗るのは週末の午前中だけと決めている。

それは、(目一杯かっこつけちゃうけど)家族との時間を大切にしたいと考えているからだ。

だからといって、イベント盛りだくさんの午後を過ごしているわけじゃないよ。
近所のうどん屋で肉汁うどんを食べて、サッカーしたり、キャッチボールしたり、
DSしたり・・・って具合だ。

でも、そのうち息子は、家族と一緒ではない週末を欲するようになるだろう。
それは、至極当たり前で、それに抗うつもりは毛頭ない。
そして案外、その日は近くに来ているかもしれない。

そうなったら、心置きなく自転車に乗ろうと思う。
家人をうまく巻き込んでね。
だから、それまではねーって思っている。
(息子が自転車にハマるって可能性もあるけどね。)

なんてことを書いたのは、今週末3トレが復活することをCHMの掲示板で拝見したからだ。
行き先は八丁峠。狭山からだと往復で200km程度だろうか。
ロングライドだ。
行きてー。
ロビオさんと一緒に(ロードで)走るのも久しぶりだし、
TDNに備えて少しでも長い距離を走っておきたいし・・・。
でも、午後野暮用があんだよなー。
秩父あたりまでご一緒させてもらって、定峰上って昼までに帰ろうかな。
posted by たけきよ at 14:08| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車(ロード) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

クレーン倒壊。

090414_1143~02.jpg

速報!
午前11時10分ごろ、会社近所の工事現場で、大型クレーンが倒れた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090414-00000052-jij-soci

取り急ぎ、窓から顔を出し、写真撮影。
けが人のないことを祈る。

posted by たけきよ at 11:35| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

金婚式と入籍記念日。

田舎に暮す父母が結婚したのは、昭和34年の今日4月13日だ。
それは、皇太子と美智子様が結婚した3日後のことで、
ご成婚ブームで物凄く盛り上がっているところに、
あっあなた方もですか?って感じで結婚しちゃったわけで、
なんでこんな日に結婚したの?って素朴な疑問はあるものの、
物覚えの悪い放蕩息子の僕としては、とても憶えやすい記念日であるのだ。

とにかく本日は金婚式である。
親父、お袋、おめでとー。
いや、素晴らしいね。
戦前生まれの二人が、生きて結婚できただけでも素晴らしいのに、
こうして五十周年をむかえたわけだからね。
そのうえ、息子二人を(無事に?)育てて、3人の孫にも恵まれたわけだからなー。
ほんと、ありがとう。
面と向かってなかなか言えないけど、感謝してます。

いろいろあったのだろうな。
でも、今が幸せならば、それでいいと思う。
親父とお袋は今、幸せ…?だよねー。

過去って、変えられないと思うでしょ。
でもね、変えられると僕は思う。
辛くて哀しくて死にたくなるような事が、過去にあったとしても、
今幸せならば、その過去は現今の幸福の肥やしだったわけだから、
それは幸せグループの成員になってしまうのだ。
だから、今一生懸命生きていて、少なからず幸せのカケラを手にしているなら、
その辛く哀しく悔しい過去は、宝物に変わっているはずだ。
だから、過去は変えられる。

話が脱線しちゃったけど、金婚式にあたって、至極当り前のことを、ふと思ったよ。
それは、二人が結婚していなければ僕は生まれてこなかった、ってことだ。
もちろん、その両親(祖父母)がいなければ、僕は生まれてこなかったわけだし、
まーいきつくところ、ご先祖様がいらっしゃって、
何代何十代と続くご先祖様が皆、懸命に生きてきたから、
こうして(僕は)ブログも書けるし、自転車にも乗れるわけで、
そういうふうに考えると、僕は奇跡的な確率で生誕し、今こうして暮らしているのである。
これって、改めて想像すると、物凄いことなのだ。
果てしない宇宙のその先を思い巡らすことと同じくらい、途方もないことなんだ。
大大大感謝だ。ホント。

ところで。実は。
今日4月13日は、僕たちの入籍記念日でもある。
結婚式は5月の28日だから、結婚記念日はその日になるのだが、
15年前の今日、僕と家人は手を取り合って婚姻届を、狭山市役所に提出したのだ。
僕が30歳。彼女が26歳の時である。
あっと言う間だったね。

とりあえず、今僕は、(自転車が遅くて下手ってこと+αを除けば)満点に近いくらい幸せだけど、
親父とお袋のように、50年にもわたって連れ添うことができればいいなと思っている。
彼女は、この暮らしをどう評価しているのだろうか。
帰ったら聞いてみようかな。
(あなたみたいに)チマチマしたこと考えてないわよー。忙しいんだからね!
って言われるのがオチだろうけどね。
posted by たけきよ at 16:44| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

やばっ。

何がやばいかっていうと、もちろん自転車のこと。
仕事が忙しいなどと、都合のいい言い訳をして、冬場に乗らなかったつけが、
今日の走りで如実になった。

とにかく、久しぶりにロードに乗る。
宿谷の滝から、権現堂線を走り、一本杉峠を右折して林道笹郷線で黒山三滝に下る。
まーここまでは、どーってことないけれど、
その先を左折した林道猿岩線の上りはじめで、早くもよたってしまった。
騙しだまし上って、日照水を越え、標高を稼いだところで、背後のローディに気がつく。
距離およそ100m。80m、60m・・・。徐々に近づいてくる。
○○ロケットの2段目噴射だ。スピードをあげる。
っていうほどスピードは上がらないけど、なんとか花立松ノ峠に到着。
逃げ切ったー。
もちろん後ろのローディはそんなこと考えてなかっただろうけどね。
いや、そんなはずないな。上り坂で前方に自転車乗りがいたら、
だれでも抜かしてみたくなるものなのだ。それが自転車乗りの性。
追いかれるローディがいたら、遮二無二なって逃げるのも性。
だから、やっぱり逃げ切ったのだ。
でも、もー完売です。
世の中は消費低迷で、過剰在庫がうず高く積まれているかもしれないが、
僕の足は、見事に売り切れて、入荷予定はしばらくない。
流行のETCみたいなものだな。

当初、右折して仮場坂方面に行こうと思っていたけど、本日終了で進路変更。
左折して顔振方面に進む。
このまま権現堂線を走ってもいいが、短いアップダウンがしんどそうだったので、そのまま東吾野に下る。
下った先の299は、相変わらず交通量が多い。
とりあえず、駅で休憩だ。
休日の乗用車と並走するより、車の走らない峠道のほうが好ましく思えて、
そのまま踏み切りをわたって、(無謀にも)東峠にむかう。
まー一人ぼっちだから、ママチャリなみの速度でトロトロ走ろう。
えっちらこっちら上ったあとは、裏道をながして飯能市街へ進む。
大河原の交差点に差し掛かり、そーいえば、クリセン坂と美杉台が繋がったんだっけ!って気がついて、
散策モード維持で坂を上って、キョロキョロしながら美杉台を経由して帰宅する。

ちょっとヤバイな。このままじゃTDNどころじゃない。
本日の獲得標高1500m。走行距離82km。でこの有り様。
TDNは獲得標高でこの倍、走行距離でこの3倍だもんな。
さーて、どうしましょ。
posted by たけきよ at 21:26| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車(ロード) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

8歳の親父。

(息子が)3年生になった。
4組になった。
近所のYKと同じクラスになった。
ガールフレンドのHちゃんとも同じだ。
仲のいいMくんとは同じクラスになれなかった。
自転車仲間のS谷さんの息子KKとは違うクラスだ。
(僕が勝手に気に入っていたアイドル系の)Sちゃんも違うクラスになった。

担任が男性になった。
校長先生が変わった。
教室が1階から2階になった。
6時間目まで授業がある日が、週二日になった。
理科と社会が加わった。

通学班のメンバーも変わった。
女の子ばかりなのが気に入らないらしい。
下校班はなくなった。道草OKだ。

新しくフットサルのチームに加入した。
サッカーうまくなりたいんだよな。
これで習い事は、サッカーとスイミングとフットサルになった。
けっこー忙しい(運動系に偏りすぎだな…)。

スイミングは、クロール、背泳ぎ、平泳ぎ卒業して、
今、バタフライに挑戦している。
僕よりも、確実に泳げるようになった。

それから、それから…。

でも、僕の知らないことが、沢山あるのだろうな。
こうして、年々知らないことが増えていく。
もちろん意図的におとーに隠すことも増えるだろうからね。
それは、僕も同じことをしてきたから、しかたがないこと。
僕が知らない"楽しいこと"は歓迎するが、僕の知らない"辛く悲しいこと"がないことを祈る。
でも、それを乗り越えることも経験しなくちゃいけないし…。

少し複雑。
あー親父って、なかなか難しい。
そりゃーそうだ。
息子が8歳なのと同じように、僕も(親父としてはわずか)8歳なのだからね。
posted by たけきよ at 13:12| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

SHM-CD。

つかれるなー。
ホント毎日つかれるのだ。
PCに向かって、PL/BSのファイルとAS400をいじくる毎日だ。
これって、(もちろん株式会社である以上必要なことなんだけど)虚しい仕事だよな。
何か新たな価値を創造しているわけではないのだから。
それにさ、僕、経理でも監査でもないんだよ。

ということで、部屋に閉じこもって缶詰状態で仕事をしていて、
電話だってAUDIXにして、最重要事項のメッセージだけ処理しているから、
今日なんて、ほとんど誰とも話をしていないのだ。

あーつかれた。
ヘッドフォンから流れる音楽だけが救いだなー。

ところで、その音楽だけど、先日SHM-CDなるものを買ってみた。
SHM-CDはSuper High Material CDの略で、技術的なことはよくわからないけど、
従来のCDプレーヤーで再生可能な高音質音楽CDだ
(さらに音質的に上位のSuper Audio CDってのもあるけど、再生機が限定されるみたい)。

で、購入したのはDerek & The Dominosの歴史的名盤Layla & Other Assorted Love Songsだ。
LPの時代から愛聴していて、もちろんCDも持っているけど、音がいい(らしい)し紙ジャケだし、
ということで買ってみたのである。

しかし、えっ?
なんだか平板で深みがないじゃないか。
再生装置のクオリティに問題あるかもしれないけどさ、全然変わらない。
超カックシだ。
メーカーの策略にまんまと乗っかったみたいで、とにかく腹立たしい。自分に対してね。

もう買わないよ。
だってさ、今音楽なんて直接CDで聴かないでしょ。
ほとんどが、MP3、WMA、AAC等で圧縮して聞いてるわけだし、
そーゆー僕だって、ATRACでコーデックした音楽をウォークマンで聴いていて、
その音質で十分満足しているわけだからね。
posted by たけきよ at 17:03| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

りんどう茶屋。

刈場坂峠のりんどう茶屋が解体されていた。
そう、山椒みそおでんのおいしい峠の茶屋だ。
権現線は僕の定番コースで、軽いのぼりの左コーナーの先に青い屋根が見えると、
ホッとしたものだった。

奥武蔵の青い空に青い屋根。それはただの青かもしれないけど、
ここまで息を切らして上ってきた自転車乗りには特別なブルーだったのだ。
刈場坂峠は、今では到達することなどなんでもない場所になってしまったが、
自転車に乗り始めた頃、この茶屋までの道のりは大いなるチャレンジだった。
最初の頃は、顔振峠まで。それが関八州になり、やがてここまで走れるようになった。
うれしかったな。
そして、おばあちゃんと談笑しながら、山椒みそおでんで、疲れを癒す。
堂平の緑の頂を望みながらね。

しかし、おばあちゃんたちはどうしているだろうか。
峠の茶屋がなくなった。それは僕にとっては一つの事実だけど、
そこには、確かに生活があったのだ。
ささやかな喜びや明日への希望。募る苛立ちと押し寄せる不安・・・。
人に話してしまえば”並”な事かもしれないけど、本人にとっては特別な人生なのだ。
僕には何も出来ないが、ほんのわずかだけど、痛みだけは感じることが出来る。
再開してくれ!なんてことは望まないが、
あの峠の皆さんが元気に暮らしてくれれば、うれしく思う。
そして”並”な僕が、そして家族が、こうして希望を持ちながら生きていることに、
あらためて感謝したい。
posted by たけきよ at 21:10| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

Shimano Ultegra 6700。

Ultegra 2010.jpg

ニューアルテグラ情報。
http://happymtb.org/2009/04/02/shimano-ultegra-2010/

情報モトは"ちろさん"のブログです。
いつも素晴らしい情報ありがとうございます。
http://chirosangaku.blog109.fc2.com/

でっ、えーと…。
なんじゃこの言語。
スウェーデン語ですね。
で、拙いスウェーデン語力で読み進めてみると…。

トリプルがあるね FC-6703(52-39-30T)。
コンパクトは当然だな FC-6750(50-34T)。
クランクアーム170mmで785グラムだ。

トホホ。
型番と数字しかわかんないや!
誰か翻訳してくださいまし・・・。

発売は2009年6月。ホイールは8月みたい。
ところでこのトリプル、いいんじゃないの?
posted by たけきよ at 13:37| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車(ロード) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。