2009年11月23日

3UPツーリング。

3連休の最終日は予定通り(息子の)サッカーの応援に出かける。空は晴れ渡り風もなく暖かい。会場の美杉台公園のサッカー場は人工芝でその緑も眩しい。

091123_1447~01.jpg

僕は疲労困憊でグデッとしながら、美杉台入り口のLOWSONで購入した昼食の菓子パンと缶コーヒ片手に応援だ。しかし疲れたね。応援で疲れたわけじゃない。3UPの100キロツーリングで売り切れたのだ。そんな体にムチ打って、美杉台の坂を蛇行してここまで来たのだった。

もともと今日は、朝から息子のサッカーの応援に出かける予定だった。そう決めたのは、この日の天気が怪しくて午前中雨が残ると予報されていたからからだけど、前日夜の予報は一変し"快晴で暖かい"だって。予定変更。行きますよ3UP100キロツーリング。晴天の秩父・奥武蔵をみんなで談笑しながら走るんだよね。

で、8時前に市役所に行くと一番乗りはランナーkarupapaさん。久しぶりです。そのあと、M橋さんが自走じゃなくてお車でいらっしゃって、8時になると続続メンバーが集まってきた。しかし、レーシング班ばかりじゃないか。ヤバイ完全にお荷物状態だな。

でもさツーリングだよね。レーシング班の皆さんも今日はのんびりじゃないかな、と楽天的に解釈してみたものの、過去の事実から申し上げて、こんな思いは100%裏切られる。そして、それはスタートして10分して事実となった。メチャ速いじゃん。名郷までは35km/h前後の高速巡航で、僕はもう使い果たした。山伏は、気遣う店長がツーリングモードで並走してくれたけど、お話したくても心拍が180近くまで上がっちゃったから、それどころじゃない。下りは列車の中で楽できるものの、セブンイレブンの休憩をはさんで向かう定峰では、インナーロー固定で付いていこうって考えさえ浮かばない。いい天気だ。それに暖かい。振り返ると秩父の町並みが一望できる。絶好のツーリング日和なのに、たぶんみんなはツーリングを楽しんでいるのに、僕は・・・。こんな状況をけっこう楽しんでいる。だってさ、努力してないのに速く走れるわけない。想像通りの走りなんだから、僕の今の状況を再認識するには格好のツーリングになったのだ。もちろん、歯がゆいし、悔しいし。であれば、どうすればいいかは誰でもわかる。そしてプランは簡単に作成できるが、問題は実行力。それだけだ。実行力を支えるのは、そうなりたいと思う強い気持ちである。本当にそうなりたいの?今のままでもいいじゃん?なんて押し問答を繰り返しながら、クルクルとクランクを回すうちに定峰峠に到着だ。フー。

下りは危なかったぞ。一回オーバーランしちゃったよ。酸欠で集中力を欠いていたかもしれない。その後の下りでは、70km/hを超えるスピードで気持ちよく走れたけど、これもみんなのお蔭だな。一人でこのあたりを100キロ走るなんて、実は普通のことである。朝の早い夏場などは、昼戻りで単独120キロくらいは走るのだから、距離だけで比較しちゃうと、どーってことはない。しかしスピードが違う。平坦も違えば上りも違う。下りだって違うのだ。ここ定峰から落合への下りは、単独でもスピードを楽しむ箇所だけど、70km/hを越えることはなかったと思う。一人だとサボっちゃうんだよな。ホント。

その後腰中のヤマザキで休憩して、松郷、温泉スタンド経由で飯能到着。みんなはNABEさんで昼食だけど、僕は最後の美杉台ヒルクラが残っております。一人だからのんびり行こうっと。
posted by たけきよ at 23:01| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 自転車(ロード) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

風まかせ斜度まかせの3連休。

今月はマウンテンバイクの月と声高らかに宣言したにも拘わらず、マウンテンバイクどころか自転車にすら乗れていない。11月といえば自転車には随分いい季節で、家を出る時は少し寒くて後ろ髪を引かれるものの、走り出してしまえばそんな冷気も程よく感じられる。峠の茶屋で休息すれば、初冬の日射しは強くポカポカと心地いい。山に上れば澄んだ空気と日射しのせいか見下ろす町並みは煌びやかだし、その山も紅葉の彩りで鮮やかである。

昨年11月のBLOGを眺めていたら、何度かツーリングに出かけているんだよね。走行距離を拾えば700キロも走っていた。僕のような週末自転車乗りにとって、700キロってなかなか頑張らないと積み上がらない距離である。それが本年11月はまだ100キロも走っていない。やばい。確かに週末の天気が悪かったり、体調を崩したり、濃厚感染者になったり・・・と、いろいろ事情はあったものの、もう少し走らないとこのまま走れない体になってしまう。

しかし明日から3連休である。気管支は相変わらず不調で、夜になると咳き込むことが多いけれど、出来るだけ自転車に乗ることを優先させたいと思う。さて、どこに行くべか・・・。

CHMのイベントカレンダーを覗き見ると、明日土曜日は空欄?。日曜日がチチフェスで、祝日の月曜は100キロツーリングと書いてある。天気予報は○△△と芳しくない。僕の予定は、土曜日はフリー。日曜日は午前中OK。月曜日は終日(息子の)サッカーの試合である。この3つの要素を重ね合わせるとこうなる。

【土曜日】自転車三昧。
【日曜日】午前中自転車。
【月曜日】サッカーの試合(時々自転車)。

明日土曜日は天気も良さそうだから、ロードで少し遠くの方まで行ってみよう。例えばこんなルートだ。(自宅)〜有間ダム〜有間峠〜浦山ダム〜みそポテト(秩父)〜定峰〜高原牧場〜釜伏峠〜たい焼き(寄居)〜小川町〜嵐山渓谷〜(自宅)。こんなルートもいい。(自宅)〜嵐山渓谷〜小川町〜寄居〜陣身山〜間瀬湖〜長瀞〜釜伏峠〜高原牧場〜定峰峠〜堂平〜GL〜(自宅)。なんて考えても、その通り走った事がない。だいたいスタート時から方向が違う。フォローの風に身を預けるからである。東風や北風ならば飯能方面。南風や西風ならば毛呂山方面。
風がなかったら最短で山に入れる高麗方面って具合にね。しょせん風まかせ斜度まかせの人生なのよ。

日曜日はマウンテンかな。くもり時々雨だから、すぐに帰れる近場の山遊びがいいだろうね。7国でもいいし、H和田山でもいい。

月曜日の3UP100キロツーリングは参加したいねー。でも、レギュラー争いが気になるからサッカーの応援だな。時々自転車っていうのは、試合会場が美杉台のグランドなんだよね。だから試合の合い間に7国で遊べるでしょ。でも、100キロツーリングにやっぱ行きたい。天気が良ければ行ってしまおう。

こんな感じの3連休。天気予報が外れて○○○になることを祈るよ。
posted by たけきよ at 18:32| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

埼玉B級ご当地グルメ王決定戦。

僕が気管支を患ってゴホゴホしていた14日に、
秩父で"埼玉B級ご当地グルメ王決定戦"なる催しが開かれていた。
行きたかったよ。

で、結果は…。

1位:みそポテト(秩父市)
2位:つみっこ(本庄市)
3位:おっきりこみ(秩父市)
4位:はんのう味噌付けまんじゅう(飯能市)
5位:なめがわもつ煮(滑川町)

みそポテトは、ツーリング途中に道の駅なんかで食べたことあるけど、おいしいよね。
はんのう味噌付けまんじゅうって、どこに売ってるのだろう。

入賞したB級ご当地グルメはどれもうまそうだけど、それを逃したB級グルメもなかなか誘われる。
全品制覇は目指さないけど、ツーリング途中にちょこちょこつまみ食いしたいよね。

http://www.sainokuni-kanko.jp/gourmet/gourmet1.html

posted by たけきよ at 10:28| 埼玉 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

お散歩。

相変わらず不調で喉が痛いけれど、二日もごろ寝してたら、
精神も不調をきたすので、青い空に誘われて出かけてみた。
行き先は"近所だ"。

0960.jpg
こんなところををキョロキョロと散策する。
心拍計は着けてこなかったけど、たぶんずっと100程度。
これって、バリバリのアスリートにとっては"ごろ寝"に近い負荷だろうけど、
負荷がなくても自転車に乗るだけで、気持ちは晴れわたってくる。
あーやっぱり出かけてよかったよ。
posted by たけきよ at 14:26| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

ごろ寝。

気管支をやられちゃった。ゲホゲホ。咳が止まらないよ。ゴホゴホ。これは広義の風邪なんだろうけど、症状は喉だけだ。こんな時に無理すると、本当に病気になってしまうので、今日土曜日は家に引きこもっていようと思う。外は雨。(午後になって天気は回復したけど)怠惰にゴロゴロと過ごすのである。

そこで、今にも崩れそうな書物の山に流行作家の小説を見つけたので、崩れないようにズズズと抜いて、南側の部屋のお日様が差し込んでいる一角にクルっと丸まって表紙を眺める。伊坂幸太郎。こんな作家の本、買ったっけ?買ったんだろうなー。こいつが勝手に僕の部屋に入り込んで、書籍の山の、それも下から数えて13冊目というなんとも中途半端な位置に、何事もない顔して納まる事なんて考えられない。連れ合いが、僕に何かを伝えたくて意図的に仕組んだのかもしれない?と思うと、僕はドキドキしてしまうけど、例えばそれは、別離を描写したページの先に離婚届が挟まれていて、彼女のサインと印鑑が押されている・・・なんていう鋭利なナイフのようねメッセージだったりして。そんな紙切れはどこにも差し込まれてなかったし、どうやら彼女の仕業ではないようだから、やっぱり僕が買ったのだろうね。まーいい。買った理由は思い出せないけど、今日こうして僕に再度選ばれたわけだから、何か引っ掛かるところがあるのだろう。とにかく読みはじめてみよう。

ところで、多くの中年男子って、週末何して過ごしているのかね。粗大ゴミ…は言い古された喩えだけど、昼前に起きてGOLF番組を見ながらゴロゴロ過ごすっていうのは、今も定番だろうか。幸か不幸か、僕の周りには、こんな中年オヤジは見受けられないし、僕もこうなりたいとは決して思わないけど、こうして陽だまりにゴロっと寝そべって、流行りのベストセラー作家を読むのもなかなかいい。

(2時間程度経過して)読了です。なかなかよかったよ。売れてるだけあるよね。面白いや。緻密に計算し尽くしているところが、少しいやらしいけどね。それは、読者よ!俺の手のひらの上で踊りやがれ!っていう感じがするんだよな。僕は時々、本を読んでいる主観と、それをながめている客観が、読んでいる最中に入り乱れるから、上の方で読者を眺めながらほくそ笑む作者と同席してしまうのだ。ご遠慮いただきたいのだけどね。そんないやらしさはあったけど、機会があったら他の小説も読んでみよう。

さーて、次は何をしようかな。

posted by たけきよ at 13:42| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

成功者。

今年最初のタートルネックセーターの朝だった。駅への道、吐く息が白い。もう11月も真ん中だもんなー。

これを"もう…"と感じるか"まだ…"と思うかによって、残りの日々の過ごし方は大いに変わってくる気がするのだけど、僕の場合断然"もう…"だな。もう一月半しかないの"もう"だ。

まだ一月半もあるんだから、あれもこれも出来るぜって考えるのが、ポジティブなのは承知しているし、そう考えて行動できる人間が成功者になるっていうことはわかっている。だから、僕は今の僕なんだけど、そもそも、成功ってなんなんだろうね?成功の判断・評価基準なんて、その時代時代の社会規範によって異なるもので、絶対的なものではないはずだよね。

少し前の成功者の基準はなんたって"お金"であった。今もそうかもしれないけどマネーだ。お金持ち=成功者。お金を稼いで、大きな家に住んで、フェラーリに乗って、マセラティも持っていて、バカンスは海外で…。もちろん、そんな生活に憧れるし、夢見たことだってある。

でもさ、今は若干変わってきてるでしょ。この先もっと大きく変わるかもしれない。

例えば、今年発売した商品が大ヒットして、富を成した人がいるとしよう。人格的にも申し分なく成功者の代名詞のような人だ。

時は流れて、20××年。某裁判所にて。

判決。あなたは2009年に、△△を大量に製造し販売するために、石油を乱費し、大量のCO2を排出したため、環境○○法違反で、罰金○○億円…。

一生懸命働いて、いい商品作って世の中に貢献し、その結果成功した彼に罪はないと思うけど、残念ながら時代が変わってしまったようだ。

地球環境を考えたら、この先、生産活動を怠り消費に貢献しない(僕みたいな)ぐうたら人間が、素晴らしい人間で成功者として賞賛される世の中になるかもしれない。あーたけきよ君こそ成功者だ。彼は何も生み出さないし、最小限の消費しかしないんだから!ってね。

まさかね。妄想でしょ。でももしかしたら、こんな世の中が来るかもしれない。その日がくるまで長生きしなくっちゃね。
posted by たけきよ at 17:40| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

レギュラー争い。

日曜日は息子のサッカーの試合だった。

近年の(日本の)サッカー人気は下降気味で、これは僕の感覚的なものだけど、たぶんJリーグの観客動員数や、TVの視聴率などのデータを見ればそのとおりじゃないかと思うのだが、息子の所属するサッカークラブの人気はこれに反して鰻登りである。3年生のチームは、現在総勢で25人。今週新たに二人が加入して27人になる。これは1学年4クラスしかない小学校では、各クラスに7人のクラブ員が居て、構成比は20%に及ぶこととなる。まー仲間が増えるのはいい。しかし、それとともにレギュラー争いが熾烈になってきた。チームは、サッカーを通じて子どもたちが成長することを目的としており、勝つことが目的ではないが、もちろん目標としての勝利はある。

だからこれから、徐々にレギュラーを固定していくという。練習試合ではみんなが試合に出られるような配慮はあるが、公式戦ではない。今現在、息子はレギュラーポディションを獲得しているけれど、どうみてもギリギリのラインだ。新入部員によってはベンチって可能性もある。

その時、息子はどうするだろうか。レギュラー奪回のために猛練習を積むのだろうか。その結果、レギュラーを獲得できればいい。しかしそうではない場合、つまりずーっと補欠だとわかっていても、サッカーを続けるだろうか。

その時は、試合に出られないからやめる!って言って欲しい。だってサッカーだけが全てじゃないでしょ。その評価を受け入れて、それでもベンチで応援するなんて辛すぎる。でも、続けて欲しいとも思う。継続の先に素晴らしいことが待ち受けている可能性だって、否定できないのだ。得られた宝物を、続ける前に知ることは出来ない。もしわかるのであれば誰だって続けるだろう。近い将来(それはサッカーに限ったことではないけれど)こんな選択の場面に遭遇するだろう。もう遭遇しているかもしれない。その時僕たちに何が出来るのだろうか。息子の選択を肯定して、信じて励まし見守ることくらいしか出来そうにもない。その選択を撤回したとしてもね。"ここまで続けてきたのだから、もったいないじゃない!"なんて馬鹿なことだけは言わないようにしよう。

サッカーの試合は、朝から夕方まで続けられ、息子達はクタクタになるまでグランドを走り回っていた。そんな息子達を応援するのは楽しい。しかし、いつまでも能天気に応援できるわけじゃないんだよな。自分が出場しない試合に、父母が応援に来るのは辛いだろうからね。だから今のうち、一生懸命応援しようと思う。
posted by たけきよ at 21:26| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

冬立つ。プーリー割れる。

11月はマウンテンバイクの月と決めていた。正確に記すと、今日決めたのだ。久しぶりに単独で7国を走りながら、そう思ったのである。

天気予報のおねえちゃんが"明日は暖かくなるでしょう"って言っていた土曜日。僕は迷わずTURNER号を選んで出かけた。今年はロードに乗る機会が多かったので(って言うほど自転車に乗ってないけど)、ちょっとマウンテンに乗りたいなと思っていたからだ。レーパン&レージャージ無しのゆるゆるの格好で、チョコとアンパンを詰め込んだバッグを背負って、入間川沿いの裏道を、ママチャリポディションで走る。冬霞のせいか、前方に見えるお山の稜線はおぼろげだけど、絶好のツーリング日和である。ロードで遠出もありだったなと思いながら、メインの道から上り始める。入口あたりは水が残っていたんだけど、雨降ったっけ?憶えていない。自転車に乗らないと天気に鈍感になってしまうのだろう。カラカラに乾ききった路面を期待してきたんだけどね。

久しぶりだな、一人でここを走るのは。そう感じるのは、静寂のせいである。仲間と走ると、楽しげな話し声に包まれているから忘れてしまうが、森の中は静かである。木々が音を吸収するのか、そもそも音なんか存在しないのか不明だけど、シーンとしているのだ。淋しいって感じよりも、恐怖感のほうが強いな。特にのんびり走るとね。

そんなことを感じながら、三角点まで上る。ここまでで足着き2回。やばいでしょ?やばいのだ!もともと下手だから、これ以上は下手にならないと高を括っていたが、下手の中でも退化現象は発生するんだなー。感心している場合ではない。マイナス分は補充しとかないと、納まりが悪い。っていうことで、今月はマウンテンバイク強化月間と決めるのである。

まーそんなこと決めなくたって、この時期、つまり立冬以降はマウンテンが楽しい季節なのだから、自然とTURNER号の出番が増えるのである。

北周回・南周回を何度か走って、だいぶ調子を取り戻したところで11時。タイムアップだ。最後はツバメでしょ。ということで気持ちよく突っ込んでいったら、自転車から異音が…。すぐに停車すると、リアのディレーラーに直径15mm程度の枝を巻き込んでいた。問題ないだろうねと思って走り出すと、一定周期で些細な音がする。下りより上りでその音は大きくなる。再度停車してみたけれど、その原因はわからない。枝を巻き込んで、ディレーラーが曲がったのだろうか。そう思ってディレーラーをながめるとそう見えてしまう。

ゆっくりと走ってみる。音は微かではあるが、確実に発生している。しかし、大事はなさそうだ。えーい下っちゃえ!と、一気に下ってツバメを満喫したあと、ヤマザキに行って休憩しながら細かく見ると…。発見しました。上のプーリー(ガイドプーリーだったっけ?)が割れているじゃん。先ほどの枝の巻き込みが原因か、僕の激しいライドが原因か、それとも…。

現行XTRのプーリーって、軽量化のためけっこう肉抜きされてるでしょ。あれってどうなの?壊れやすいし、泥も詰まるでしょ。僕みたいな自転車乗りには不適だよな。

帰宅後、以前使用していたXTRのディレーラーを、押入れの奥から取り出して、応急処置としてそのプーリーと交換してみた。大丈夫そうだけど、どうだろう。念のため来週末店長に診てもらおう。

↓↓↓割れたプーリー(交換して以前のXTRに装着)
XTR.jpg






posted by たけきよ at 23:09| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車(MTB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

濃厚感染者。

土曜日は久しぶりのROADツーリングに参加して、脹脛を2箇所も攣って大いに楽しんだわけだけど、その日の夜、突然息子が高熱を出した。たぶんインフルだね。先週、彼のクラスが学級閉鎖になったって書いたけど、のん気に遊んでいたらついに発症したのである。

日曜日の朝、市内の病院を訪れると、もう子どもだらけなんだよね。ソファーなんか一杯で、床に横たわっている子もいる。さながら野戦病院のような有様だ。あーこの空間のインフル菌濃度は、恐ろしく高いのだろうなー。治る病気も悪化するぜと一人ごちながら、息子を検査に送り出す。結果は陽性、新型インフルだ。タミフルを処方してもらって帰宅し、家族三人おとなしく過ごしたわけである。僕はすこぶる元気で、自転車に乗ることだって無問題なんだけど、息子が発症したのなら、その家族は確実に感染していると思う。特に我が家のように、三段跳びで隅から隅まで行けちゃうような、狭小マンションでは、感染は必至だ。そう僕は、濃厚感染者という得体の知れないグループ員の仲間になったのだ。へんなタグ付けないでよね、もう。

まーしかたがない。だから、日・月・火曜日はほぼ軟禁状態で過ごしましたよ。昨日はいい天気だったけど、息子もタミフルが効いたのか普段と変わらない様子だったけど、言い付けを守ってどこにも行かないで過ごしました。リビングに寝転がって、DVD観たり、ゲームしたり、本読んだりね。窓越しに見上げる青い空には、ブルーインパルスが白いハートマークを描いている。それは毎年同じように、ちょっと背伸びして手を差し出せば届きそうな至近距離なんだけど、なんだか今年のハートがショボク見えるのは気のせいかな。僕が年を重ねすぎただけだろうか。それとも、濃厚感染者だからだろうか。

子供のころ、北基地から飛び出したブルーインパルスによる"EXPO70"の練習文字を、それが消え去るまで直立不動で眺め続けたことがある。あの雲はどこに行ってしまうのだろうか。バックの青は薄まることもなく青い空のままだというのに・・・。なんだか遠い記憶だけど、こんな事を思い出しちゃうのも、インフル菌の仕業だろうね。
posted by たけきよ at 18:38| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。