2010年03月29日

新旧狭山市駅。

再開発中の狭山市西口ですが、橋上駅舎の工事部分を隔てる白壁に、僕の知らない狭山市駅(その当時は入間川駅というのだけれど)の写真が張り出されています。昭和40年代初頭でしょうか。モノクロームの色合いが僕の子供の頃の写真に似ています。詳しくはわからないけれど、こんな写真です(掲出されている写真を撮影しました)。


入間川駅西口です。
100327_ 015.jpg


もう少し寄ってみると…。
100327_ 028.jpg


上りホームです。
100327_ 012.jpg


こちらが下り。
100327_ 025.jpg


駅前はこんな感じでした。
100327_ 004.jpg


昔から"かにや"があるんですね。
100327_ 013.jpg


それが、こんなハイカラな駅に。
100327_ 018.jpg

100327_ 001.jpg


西口の商業施設は"スカイテラス"って名前です。
100327_ 002.jpg


僕の好きな奥武蔵の山々が遠くに望めます。
真ん中のトンガッタ山は武甲山ですね。
100327_ 032.jpg


"不便になったね"とか、"前の方がよかった"なんて声も聞こえてくるけど、馴染めていないだけだから心配しなくていいよ。一緒に生活することによって少しずつ、そう少しずつだけど、みんなから愛される駅になっていくのだからね。その日がなんだか楽しみです。

posted by たけきよ at 18:29| 埼玉 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

一人旅。

金曜日の午後になって土曜日のお誘いを(3UPの掲示板に)書き込んだのだけど、ロビオさんは風邪だし、N@mikiさんは仕事だという。7時22分の飯能発秩父行きの各停に乗り込むと、どなたもいらっしゃらない。あー今日は一人旅だね。ボックスシートにドカッと座り、車窓に切り取られた奥武蔵の山々と手元の地図を照らし合わせ眺めると、俄に旅情気分が湧き上がり、このまま見知らぬ場所まで出かけたくなる。

今日は旅だ。見知らぬ場所ではないものの、走ったことがないコースを巡ろうと思う。当初は西吾野から関八州の展望台まで登り、右に折れて日和田山まで走ろうと思っていたけれど、左に曲がってみよう。GLに沿って刈場坂峠を目指し、その先を左折し正丸峠、伊豆ヶ岳、子の権現、西吾野…と行けば、プチ奥武蔵一周になる。しかし、このコースを走るには時間が足りないし、根性も体力も足りない。12時頃の電車に乗りたいのだが、どこまで行けるだろうか。伊豆ヶ岳まで行けるだろうか…。

そう決めると同時に、電車は大蛇のように身をくねらすR299を超えて西吾野の駅に滑り込む。7時49分西吾野到着。ホームに降り立つと、今日はまた一段と寒い。桜の開花なんてニュースがTV画面を賑わしているけど、山の麓にはまだ冬が潜んでいたのだ。見上げる空が青い。今日は眺望が楽しめそうだ。さあ出発しよう。


関八州見晴台到着。
100327_ 026.jpg

伊豆ヶ岳までは行きたいものだが…。
100327_ 052.jpg

飯盛峠付近。雪が残っています。
100327_ 037.jpg

刈場坂峠付近にこんなお山があったのか。ツツジ山、879.1m。
100327_ 046.jpg

自転車で来るところだと思っていたのに…。
100327_ 034.jpg

このまま直進して大野峠から芦ヶ久保ってコースもありだね。
100327_ 043.jpg

久しぶりの虚空蔵峠。
100327_ 050.jpg

サッキョ峠を経て旧正丸峠へ。
100327_ 022.jpg

眼下に299号が見える。
100327_ 038.jpg

川越山、正丸山あたりのきつい階段を超えると正丸峠だ。
100327_ 036.jpg

ここでタイムアップ。伊豆ヶ岳はすぐそこだけど、欲張ることはない。また来ればいい。茶屋の脇から下って正丸駅を目指す。

正丸駅で少し時間を潰してから、11時55分の飯能行きに乗車する。ブラーを脱いで対面のシートに足を投げ出すと、砂糖とミルク入りの缶コーヒー片手に、地図を眺める。今日は15キロ3時間半くらいだろうか。あのまま伊豆ヶ岳、子の権現、西吾野と巡るのはなかなか辛そうであるなー。それでも"ぐるり奥武蔵"の半分すら満たしていないよ。

いつかは走れるのか?
本当に走りたいと思っているのか?
まさかね。
いや、けっこう本気だよ。
posted by たけきよ at 22:28| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

狭山市駅。

明日26日からこの入口は利用できません。

Staition 009.jpg


このキップ売場も。

Staition 006.jpg


この改札も。

Staition 012.jpg


この階段も。

Staition 008.jpg


この通路も。

Staition 002.jpg



そして今朝…。

Staition 013.jpg


去り行くものを見送る物寂しさが、
新しいものを歓迎する気持ちに水を注すことって…。
やっぱりある。
posted by たけきよ at 17:04| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

単独ハイキング。

3連休の最終日。息子のサッカーの練習試合があるのですが、午前中だけ時間をもらって山に行ってきました。山に行くってことは、以前ならROADかMTBのどちらかに乗ることでしたが、今はもちろんRUNのことです。とにかく、今は走りたいのです。

3時間くらい走って昼過ぎにグランドに戻るために、車で出かけてみました。駐車場は鎌北湖。ここならすぐにお山です。

鎌北湖を左に眺めながら林道鎌北線を進むと、左手にトレイルの入口があります。そういえば、一人で走るのは初めてですね。ホントにこの道でいいのでしょうか。シングルトラックは枝落ちが激しくて、人が通った跡がありません。少し心細いけど、地図を見ながら注意深く進みます。ある程度高度を稼いだところで見覚えのある場所に着きました。エビガ坂です。今日はここから、十二曲り、一本杉峠を経由して顔振峠で折り返そうと思います。

いい天気ですね。落ちた杉の枝がシングルトラックを覆っていて、少し走りにくいけれど快適です。一人でキョロキョロしながら走るのも楽しですね。

途中眺望を味わいたくて、越上山に立ち寄りました。山の頂は、視界が広がらないけど、手前の岩場は景色がいいのです。ここで、ランチパックのグリコ味を食べながら休憩をしました。
GL 04.jpg

元の道に戻って諏訪神社に辿り着くと、杉の枝が散乱しておりました。社殿の左奥では樫の木が倒れておりました。前日の風の強さを物語っています。
GL 01.jpg

GL 03.jpg

少し走ると舗装路です。自転車では何十回も走った事がある、顔振峠の手前のヘアピンカーブのところです。そのままアスファルトを走ると、本日の折り返し点顔振峠です。
GL 02.jpg

せっかくだから見晴台まで登ってからもどりましょう。来た道を帰ります。下り基調をのんびりとしたスピードで、それでも休むことなく走ります。帰路はエビガ坂の先を左折することなく直進し、スカリ山の巻き道を通り、途中アスファルト区間を経由して、北向地蔵から鎌北湖に下りました。

正確な時間は計ってないのですが、約3時間半、15キロくらいの行程でしょうか。今後も時々はこうした単独ハイキングを取り入れていこうと思います。
posted by たけきよ at 23:29| 埼玉 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

キツ楽しい"ハイキング同好会"。

ベランダを転がるバケツの音で目が覚めたよ。
すごい風だ。
こんな日は家でダラダラしていよう。
と思ったら、いつの間にか晴れてきたよ。
変な天気だ。
まー天気にかかわらず今朝は気持ちのいい筋肉痛。
だからのんびり過ごすこととしよう。

しかし昨日のトレランは楽しかったね。
"イタイ+気持ちいい=イタ気持ちいい"という口語があるように、
"キツイ+楽しい=キツ楽しい"って感じだ。
ヘトヘトなのに無性に楽しいなんて、僕も変態のお仲間なのでしょうか?

昨日のトレラン、隊長はrikaさん。
メンバーはロビオさん、S山さん、t-bookさん、TAKUさん、そして僕。
美女とオヤジというよくある構図だ。
オヤジ達はみんな昭和37年38年生まれの中年真っ只中だけど、
(僕を除いて)しつこくてしぶとくて負けず嫌いがそろってしまった。

rika.jpg
↑↑↑rikaさん撮影

コースは、飯能〜高麗峠〜巾着田〜クロ尾根〜北向地蔵〜
ヒミツのトレイル〜長念寺〜久須美〜多峯主山〜飯能っていう
20km前後の行程だけど、ほぼ休みなし。
僕は常に最後尾でみんなを追いかけることになったけど、
それだけに気を抜けないトレーニングモードの4時間でした。

ところで上記"ヒミツのトレイル"は、ユガデに降りる途中を左に折れて、
深沢山〜水晶山〜愛宕山と連ねるトレイルだけど、
一箇所貧弱なトラバースがあったものの総じて整っていて、
長念寺への下りの森から果樹園への開放感が気持ちいい道でした。

帰宅してから地図を広げて、コースの復習をしてみましたよ。

IMG_0647.JPG

IMG_0645.JPG

上が2002年版で、下が先日買った2010年版。
ちゃんと進化してるじゃん。

posted by たけきよ at 08:58| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

Born to Run。

ちょっと気になる本があるので、いつものジュンク堂へ。

欲しい本を手に取る前に、
ちょこっと寄り道して2階の"山"関連売り場へ。

そう言えば、ロビオさんも新しいのにしてたよな。
今使ってるのが2002年版。
さすがに古いでしょ。
だから。

Books 002.jpg


もちろんNo23も。

Books 001.jpg


隣の棚には、分別登山ガイドが3段にわたって並んでいる。
No10"埼玉県の山"は改訂版ですね。
奥付の日付は2010年3月5日。
出来たてホヤホヤだね。
地図とセットだと楽しいからね。

Books 014.jpg


その横の平台には、登山雑誌が何種か並んでいる。
最新の道具が紹介されている一冊を。
お勉強しなくっちゃね。

Books 009.jpg


で、欲しかった一冊はこれ。
もちろんSpringsteenの自伝ではない。

Books 003.jpg

ちょっと買いすぎたか。
posted by たけきよ at 22:03| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

アイガー北壁。



なんかゾクゾクするなー。早く観たいよ。
3月20日からロードショウだから、来週仕事帰りに観に行こうっと。



posted by たけきよ at 17:51| 埼玉 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

14年目のGOLF号。

GOLF号がまた機嫌を損ねた。今度は運転席のドアロックが壊れたのだ。それは、先日のスキー場のこと。ちょっとした荷物を取りに車にいって、ロックしようとしたら鍵がかからない。

もちろん、キーレスじゃないから、鍵穴にゴソゴソって鍵を差し込み、回して施錠するんだけど、ピクリとも動かないんだよ。普通、ウィーンってモータ音がして、少し遅れてガチャガチャってロックするんだけどね。まいったな。カーナビとか盗まれそうなものを取り外して、開けっ放しにするしかなかな。と諦めながら、助手席は?と気が付いて、鍵を回したらロックしたよ。ホッ。でも、そのまま開錠できないってことはないよね。ガチャガチャ。ふー、無事開錠しましたよ。よかった。いちいち助手席のドアまで行くから面倒だけど、まー使えないことはない。

僕たちのGOLF号は14年目に突入した。10年を過ぎたあたりから、いろんなところが壊れ始め、その都度ちょこちょこ修理してきたから、再安の新車が買えるくらい修理代がかかったかもしれないね。

別にこの車じゃなくてもいいんだけど、ただ居心地がよくて一緒にいたら14年も経った…って感じなんだよ。まーこれを愛着と言うのだろうね。14年だもんな。大げさにいうと人生の3分の1だよ。まだまだ元気なのに廃車にするなんて、やっぱり簡単なことじゃないよ。

今こいつを廃車にしてエコカー買うとけっこうな補助金が貰えるんでしょ。そのうえ、13年超の車は税金が10%UPした。つまりこの国は、GOLF号を捨てて新車を買いなさい!っていつもの手口で命令するわけだ。そんな手に乗ってたまるか!って気持ちあるでしょ。だから…。

でもさ、大金持ちでビンテージ車が趣味ってわけじゃないんだから、そろそろ次を考えなくてはいけないと思っている。

そのためには先ずキャッシュ。我が家は、ローンで買い物しないことになっている。家のローンもあと数ヶ月でなくなって、やっと無借金になるのだ。しがらみも、負い目も、弱みもないのだ。財産だってまるでないから毎日コツコツ働くしかないけど、気持ちは自由だよ。だから、もうローンは組まないのである。モノのために、明日を拘束されたくないんだよ。とかっこつけたものの、要する車を買う現金がないってこと。

それに、順番で言うと僕のロードの方が先だからねー。ということで、しばらくは助手席ドアにキーを差し込んで、乗り込むことになるだろうな。やれやれ。

やっぱ、週末DUOに行って修理しよう。
posted by たけきよ at 14:46| 埼玉 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

黒姫スキー合宿。

「あの新歓合宿でさ、結局、○○子とどうしたわけ…」
「だから、何もしてないって…」

こんな昔話をするために、今年も"黒姫スキー合宿"に出かけてきた。

"黒姫スキー合宿"="雪上同窓会"である。学生時代からの仲間たちが、濃厚な時間を過ごした黒姫スキー場に集まって、あのころより少しだけ綺麗になった(といっても十分にボロッちい)常宿で、昔話で大いに盛り上がるのである。

毎年同じ話をするんだけど、これが無性に楽しいんだよね。

1泊2日の合宿だし、スキーの切れ味は衰えたし、宿の食事はいつもの鉄板焼だし、相変わらずカメムシが存在するし、お風呂は温泉じゃないし、トイレはゼンゼン進歩してないし、学生の頃のような甘酸っぱい事件なんか起こらないけど、日常に折り合いをつけて、学生のような顔して黒姫に集うのだ。みんなスキーが好きで、黒姫が好きで、この宿が好きで、仲間が大好きだから、楽しいんだよね。それを確認できるからうれしいんだよね。

やっぱり(僕たちはここで)繋がっているのだ。

明日のことなんか、どうでもいい。もちろんよくないことなど重々承知しているんだけど、この合宿中は忘れて楽しく過ごすのである。それが礼儀でありマナーである。だからこそ愛おしいのだ。

みんな頑張って生きていこうね!
そして来年も、馬鹿笑いしようぜ!

今年は、連れ合いの腰の調子が悪くて、息子と二人の参加になったけど、やっぱり三人で行きたい。(家族に)仲間に会ってもらいたいし、(仲間に)家族に会ってもらいたい…。ここ黒姫でね。

posted by たけきよ at 23:15| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

今朝の狭山。

0310.jpg

今朝の狭山です。
エレベータを待つ間に奥武蔵方面を撮影しましたよ。
正面に武甲山が見えるんだけど…。

昨夜積もった雪は、片栗粉のように締まった新雪ではなく、水分を含んだシャーベット状。
雪解けの北国のようでした。
posted by たけきよ at 09:50| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

"ワサッチ"を購入する。

金曜夜、翌日のトレランの準備をする。天気予報は雨で寒いよと警告する。ルートは芦ヶ久保〜二子山〜武川岳〜伊豆ヶ岳〜子の権現〜西吾野だから、補給・給水もそれなりに必要になる。雨具(上下)、着替え一式(シャツ、パンツ、靴下など)、防寒着(フリースベスト)をテーブルの上に並べ、いつものパックに入れたらもうパンパン。食料とハイドレーションが入らないや。

僕が使っているパックは、パタゴニアのスクラムパックってヤツで、十年も前の型だけど、たぶん10リットル以下の収納容量なのだ。しかたがないので、押入れの奥から何時何故買ったのかさえも憶えていないイーグルクリークの25リットルくらいのパックを引っ張り出して、中身を詰めてみた。容量は余裕だけどトレランぽくないのだな。姿もそうだけど機能もね。

要求する諸元もかたまってきたから、そろそろ専用のパックを購入しようと思う。

土曜日の皆さんのパックを観察すると、
N@mikiさん:グレゴリーのワサッチ(12リットル)
ロビオさん:グレゴリーのリアクター(11リットル)
S山さん:サロモンのXA20(15リットル)
katoちゃん:ドイターの(たぶん)スーパーバイク(18リットル)
でしたね。

さーてと、候補はグレゴリーのワサッチ(12リットル)かミウォック(18リットル)。容量差は6リットルだ。

昨日のように予報が雨で寒かったりすると、雨具+防寒着+着替えって必要だから15〜20リットル欲しいけど、普段低山で遊ぶには10〜15リットルで十分である。僕のようなビギナーだと、大きいパックがあれば一杯まで入れてしまうでしょ、結局重くて大きくて走りに悪影響を及ぼすのだ。トレラン用パックについては"大は小を兼ねない"のである。

ってことで、日曜日の今日、雨のためお外で遊べないから、WILD1に行ってきました。入間店には先日行ったので、今日はふじみ野店。

ルーファスとワサッチとミウォックを何度も試着して、結局ワサッチ(12リットル)にしました。

wa 1.jpg
wwa 2.jpg

ついでに、ファイントラックのアンダーをもう1枚買って、他にも欲しいものが沢山陳列されていたけど、"欲しいモノは買わない!"の基礎原則を思い出し、今日は(なんとか)ここまで(でおさまった)。

ところで先ほどロビオさんのブログを読むと、こんなことが書かれていた。"昨晩読んだ、「メイベル男爵のバックパッキング入門」には、バックポッキングとは、「何を持って行くかではなくて、何を持っていかないかについての技術である」と書かれてある。"モノが溢れた僕たちの時代、生き方(逝き方)の指針となる名言だね。なんだか人生そのものって感じすらするよね。
posted by たけきよ at 14:53| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

今日の山遊び。

1月最後のMTBツーリング以来、自転車には乗っていない。ローラー台をやる習慣もないわけだから、跨ってさえいない。ロードに関して言えば11月から乗っていないのだから、これで"自転車乗り"だなんて聞いて呆れるね。ブログタイトル変えようかしら。

いやいや、自転車への興味が薄れたわけではない。2月は天気が悪かったでしょ。特に週末はね。そもそも週末の使い方だけど、この寒い時期は、一日はトレランでもう一日はMTBってのが理想なんだけど、天気が悪いとMTBで山に入ることは出来ないでしょ。でもトレランならOKってことで自転車の出番が少ないのである。今日だって予報は雨。だから山走りに出かけるのである。

再開発でありきたりな町並みに変わりつつある狭山市西口からバスで稲荷山公園に移動すると、飯能行きの池袋線に乗る。電車がホームに滑り込むと、反対ホームには各駅停車の秩父行きが停車していた。しかし、ドアが閉じている。あっ乗り遅れた!と一瞬思ったが、押しボタン式ドアでしたね。ボタンを押して乗り込むと、N@mikiさん、ロビオさん、katoちゃんが、東飯能ではS山さんが合流してきて、本日のメンバーは5名、無事参集です。

掲示板では芦ヶ久保〜二子山〜武川岳〜山伏峠〜伊豆ヶ岳〜子の権現〜西吾野っていう名うてのコースだったけど、雨で冷えるっていう予報だから、西吾野スタートで関八州見晴台まで登り飯能まで戻ってくるルートに変更した。どちらにしても、お初のトレイルがほとんどだ。先日の雪の関八州展望台は、房総半島まで望める素晴らしい眺望だったけど、今日は越上山までしか見えないや。

その後はグリーンラインに沿って尾根道を下ってくるのだけど、所々で舗装路と合流する。ロードでは馴染みの場所だから、あーここに繋がるんだねと興味深い。しかし、今日走っているこのトレイルとグリーンラインは、果たしてどちらが先に出来たのだろうか。グリーンラインがそもそものトレイルで、林道として使われるようになってから、その脇に今のトレイルが出来たような気もするのだが、どうだろうか。

道中"ぐるり奥武蔵"が話題になる。"ぐるり奥武蔵"っていうkarupapaさんが考案したとんでもないトレラン企画だけど、改めてkarupapaさんのブログを読むと凄まじい。その当時は、その凄さがわからなかったけど、今は多少想像できる。今日の距離の4〜5倍だもんなー。でも、挑戦してみたいね。もちろん今の実力じゃ完走、いや完歩すら叶わないが、こうして毎週末皆さんと遊んでいれば実力もつくでしょ?って勝手に思っている。

今日は、少し不安だった膝の痛みもほとんどなかった。膝周りの筋肉も整ってきたのだろうか。そうであればちょっとうれしい。

■お詫びと訂正■
ご免なさい。間違ってました。
"ぐるり奥武蔵"を考案したのは、TEAM阿闍梨の皆様でした。
お詫びして訂正申し上げますね。
しかし、ヤギシタさんの6.5hって凄いな。
posted by たけきよ at 23:51| 埼玉 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

ウェアーの上から水を垂らしてみる。

アウトドアウェアーの防水検査や撥水検査って、定まった検査方法が確立しているのかどうか知らないけど、もしそれがあったとしたら、どんな検査なのだろう。こんな単純な検査じゃないはずだけど、自宅で出来そうなことはこれくらいなので、ちょこっと遊んでみた。ウェアーの上から水を垂らして、水滴の形状を観察するのである。防水性・撥水性が劣っていれば、水滴が崩れベチョって拡がると思ったのだ。WAXがかかっていない車みたいな感じにね。

検体は4つ。上から、
chlorophylleのゴアテックス・ジャケット
Patagoniaのディメンジョン・ジャケット
Patagoniaのエッセンシェル・プルオーバー
mont-bellのバイシクル・レインジャケット
である。

rainwear 2.jpg
rainwear 1.jpg
rainwear 3.jpg
rainwear 4.jpg

結果は…。
どれも水滴が崩れない。何時までたっても崩れない。一番防水性・撥水性が高いウェアーを土曜日の雨具にしようと思ったのだが、失敗である。まーいいか。土曜の天気、午前中の雨は無さそうだからね。
posted by たけきよ at 17:33| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

"TOKYO ALPS"。

山関係の書物や雑誌を探して"ヤマケイスクウェア"なる通販サイトを覗いていたら、
こんなバナーが目を引いた。。

"ぼくたちの愛すべき山「トウキョウ・アルプス」"

コピーはこう続く。

"東京には山があります。その名は「トウキョウ・アルプス」。
北アルプス、南アルプス、中央アルプス、八ヶ岳など
そんなに遠くに行かずとも、高く深い山が近くにあるのです。
奥秩父、奥武蔵、奥多摩、高尾、大菩薩、丹沢の山々の魅力を徹底紹介いたします。"

ALPS.jpg

これは"ヤマケイJOY"って雑誌の特集なんだけど、ちょっと誘われるでしょ。
"トウキョウ"ってところが気に入らないけど、"サイタマ・アルプス"じゃ売れないもんね。
広い心で許してあげようね。

立ち読みしてから今日は帰ろう。

YAMAKEI 1.jpg

"待ってろよ、富士山"

だってさ。

立ち読みじゃなくて、買って帰ろうっと。

posted by たけきよ at 16:02| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

お山に行きたい。

事務所に篭って仕事をしていると、
ささやかだけど大切に守ってきた諸々のバランスが、
徐々に損なわれて息苦しくなる。
ウへー、脱出したい。
…なんて真剣に思うのだけど、
僕は本当は仕事が大嫌いなんじゃないかな?とさえ考えてしまう。
あー走りたいな。

僅か10日のことだけど、今回はちょっと辛かったな。
耐力がなくなっているのではなく、耐えようと思う気持ちが枯渇してきた。
どうしちゃったのだろうなー。
まーこんなこともあるでしょ。
とにかく今年最初の荒波は乗り越えたから、回復に努めなくてはいけない。
やっぱ、お山に行くでしょ!

先週末は、雨の中を修行僧のように歩いたみたいだけど、
今週はどこに行きましょうかね、N@mikiさん、ロビオさん?
天気予報は芳しくないけど、雨でも行くでしょ!

なんてお気軽に書いたものの、油断してはいけないよなーって思う。調子に乗るなよって戒めたい。
だって、アルプスが危険で、日和田山がお気軽だなんてことは絶対ないと思うのだ。
どちらも"山"なのだからね。
経験も知識も乏しい僕は、もっと謙虚に相対する必要がある。
何度も通って、何度も歩いて、山を知っていきたいと思う。

もちろん、道具に対しても十分な知識と備えが必要になる。
例えば雨具。やっぱりGORE-TEXでしょ。
防水と透湿、つまり雨が降っても濡れなくて、汗をかいても蒸れないっていう、
相反する要求を高次元で両立させた素材だからね。

で、実は僕もクロロフィルのPACLITEを使用したジャケットを持っているけど、
荒天で使用したことがない。宝の持ち腐れってヤツだね。
タウンオンリーの使用で撥水性が落ちているから、
ロビオさんのようにNIKWAXで撥水加工を施してから、
一度雨天で使用してみようと思う。

GORE.jpg

下はモンベルのサイクルレインパンツがある。
こちらもゴアテのPACLITEで、昨年のTDNなどでその効果は実証済みだからOKだよね。
登山用と自転車用って何か機能が異なるのかな?
posted by たけきよ at 11:09| 埼玉 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。