2009年06月16日

林道ハンティング。

TDNも終わり、次の大きなイベントは8月月初のATTACK299である。(シマノにも行きたかったけど野暮用とバッティングしてしまった。)そして8月末には乗鞍があって、翌月の連休にはSDA王滝が控える。といって特別な準備をするわけでもなく、相変わらず自由気ままに自転車に乗りたいと思う。

で、今の興味はパスハンティングというか、林道ハンティングっていうか、未知の林道にある。知らない道を自転車で走って見たいのである。

ランドナーやスポルティーフは無いけれど、僕のチネリを少しいじれば、それっぽい雰囲気にはなる。例えばペダルはSPD、タイヤは25cか28c(28cって納まるのかな?)にして、ドロヨケ着けて、RIXEN-KAULのシートポストバッグと、王滝専用だったTOPEAKのハンドルバーバッグを装着すれば、立派な旅行者に見えないかい。もちろんピチピチのジャージじゃなくて、旅情気分を盛り上げる少しアダルトでシックな色遣いのスポーツウェアーなんかをチョイスすればいい。そして、カメラを片手に林道を走るのだ。

途中で乗り始めたばかりのローディを見かけたら"いやーいい天気ですね。どちらまで?あー僕もそっちまで行こうと思ったんですよ。それじゃお先に!"って笑顔で追い越していく…。うーん、少し悪趣味だけど、そーゆー場面が訪れる可能性だってある。もちろん、ちょっぱやローディが追い越していったら"こんにちは!お強いですね"ってニコヤカに声をかけるのだ。

まーそれはともかく、走ったことのない道を選んで走りたいのだ。日曜のARCHEツーリングで走った林道御堂笠山線も林道二本木線もはじめての道で、興味深く走れたように…。

例えば、同じ二本木峠に行くにしても、幾つかのルートがある。東秩父側からのアプローチとしては、林道和知場線、林道上ノ貝戸線、林道二本木線などがある。釜伏峠を経由すれば、寄居側から中間平を通るルートもあるし、長瀞側から塞神峠を抜けるルートもある。地図を頭に描きながら、このまま行ったら○○峠だよなーと期待を胸に抱きながら坂を上る。15%超の勾配を歯を食いしばって上ったその先に未舗装路が現れて、少し担いで歩いてはみたものの、いっこうに舗装路が現れずトボトボと戻ってみたり、行き止まりで途方にくれてみたり、なんだかこういうのが僕の人生みたいで性に合っていると思うのだ。ということで、この夏は暑さを克服しながら、こういった趣向で近所の山々を訪ねてみたいと思っている。

ところで、webで近隣の峠を調べていると、圧倒的な情報量を持つサイトに行き着く。皆さんもご存知だろうか?"放蕩三昧遊戯三昧 林道のページ分室"だ。どなたが運営されているのか窺い知れないが、その丹念な実地調査には頭が下がる。あー隅々まで拝見したいのだが、ここで予習しちゃうと楽しみが半減していまうので、復習オンリーで訪れようと思う。それにしても素晴らしい。そんな一語に尽きるサイトであるなー。

posted by たけきよ at 08:41| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
林道西秩父線って走りたいねえ。
ご紹介のサイトを見たら、前線舗装とのこと。
土坂峠から299号、志賀坂峠から、金山志賀坂線で、八丁峠・・・。
なんて、キツイでしょうか?
200キロくらい?
そんなパスハンティングは、大賛成ですよ。
でも、行き止まりの道って多いねえ。
こう言うところは、MTBで行って担いで登るのかな?それも一興ですが。
Posted by ロビオ at 2009年06月16日 11:28
"林道西秩父線"に目をつけるなんて、
ロビオさんも相当"すきもの"ですね。
僕もかなり気になってました。
土坂峠の先でしょ。
先日のように遠回りしないで行けば、
200kmくらいで納まるんじゃないかな。
ちょっと計画しましょうか。
ところで、体の調子はいかがかしら?
Posted by たけきよ at 2009年06月16日 11:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。