2010年04月24日

今日のトレイルラン。

長年乗りなれている自転車だと、午前中楽しんで、昼食までには帰宅できるルートを数多く知っている。

例えば、僕の定番コースである(だった?)、宿谷の滝からグリーンラインを走って、刈場坂から大野に下って、西平から弓立山中腹の大附を抜けて、大満から林道桂木線か滝ノ入線で毛呂山に入って、エーデルワイスGCの中を突き抜けて岐路に着くコースなんて、ちょうど100キロで、7時に出れば休憩を入れても12時前に帰宅できる。

しかし、今年になって楽しみの中心に急浮上したトレイルランには、そんなコースの蓄積がない。週末が終日フリーだなんてことは、多くはないし、望んでもいない。やがて息子が大きくなれば、そして連れ合いから愛想を尽かされれば、いやでも束縛のない週末が訪れるのだろうけどね。だから今日は、午前中目一杯楽しんで、お昼には自宅でシャワーを浴びられるルートを開拓するのである。

僕の住まう狭山市にはトレイルはない。近所の奥武蔵で遊ぶのであれば、1時間くらいは公共手段で移動することになる。往復2時間だ。7時に家を出て12時に戻るとすれば正味3時間、距離にして15〜20キロ程度のトレイルランが可能だろうね、

7時に狭山市駅西口のバスに乗って、稲荷山公園で西武池袋線に乗車し、飯能で西武秩父線に乗り換えると、吾野に7時43分、西吾野に49分、正丸に52分、芦ヶ久保に59分に到着する。ここまでが限度かな。アプローチは短い方がいいからね。吾野駅から顔振峠に上り、ユガテ、北向地蔵、日和田山と走って、高麗駅から西武秩父線で帰宅するのが、基本ルートかな。

というわけで、7時43分吾野駅に降り立った。
agano.jpg


顔振峠は何度来ても気持ちいいね。
kouburi 2.jpg


諏訪神社から越上山の右の道を快適に飛ばして、一本杉峠の舗装路を越えて少し行くと、こんな分岐が…。以前雪の日にみんなで行きましたね。越生への道は快適でした。
bunki.jpg


分岐を左手に進むと、一本杉峠です。
iponmatsu.jpg


少し岩場があるけど、鼻曲山前後は気持ちいいトレイルです。
hanamagari.jpg


引き続き気持ちいいトレイルを走ると天望峠。林道桂木線と滝ノ入線の合流地点です。
tenboutouge.jpg


桂木観音も眩しいほどの春です。
katuragikannon.jpg


桂木山がありました。
katuragiyama.jpg


幕岩展望台(大高取山)からはスカイツリーも確認できたよ。
makuiwa 2.jpg


そして、(けっこう休憩したのに)11時前には越生駅到着
ogose.jpg


東武越生線で坂戸。東上線に乗り換えて川越。本川越まで歩いて西武新宿線で狭山市へ。
sadadosen.jpg

自宅到着は12時ちょい過ぎ。時間的にはベストですね。走行距離は15キロくらいで、少し走り足りないけどね。
posted by たけきよ at 20:41| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/147802202

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。