2010年06月18日

電子書籍の『もしドラ』を読む。

Twitterなんかで流行のネタを探っていると、電子書籍や電子出版っていうのは旬だね。iPadが発売されたから、拍車がかかっているんだろうけど、この先どうなるんだろうね。

ミーティングでiPadなんかを持ち出す人がいると、その日はアジェンダお構いなしに、iPadの話になってしまうでしょ。このアプリ素晴らしいんです。なんて話題でね。そういえば、次回打ち合わせの日時を決めるときも、紙の手帳を開く人が少なくなったね。みんなiPhoneなどの液晶をタップし始めて、"来週の○○はどうでしょう"なんて当り前の光景になっちゃったもんね。

でもさ、どんなに電子書籍の関心が高くても、本は紙だよねーと(ほんの少し前までは)思っていた。本は、単純に活字が並んでいるわけじゃないでしょ。活字を読むことができればいいわけでもないでしょ。あのサイズ、あの用紙、あのカバー、あの見返し、あのスピン、あのフォント、あの級数、あの改行、あの字詰め…。全てに徹底的にこだわって出来上がったモノなんだから。

電子書籍にしちゃうと、単なるテキストだもんなー。もちろん、改行や段落などはあるけれど、フォントも級数も読み手の自由、行間も、背景色も選べるとなると、ちょっとねーと思ってしまう。縦組みを横組みにして読むことも可能なんだぜ。ちょっと違うんじゃないの?と思うでしょ。

でもね、自宅や職場の山のような書籍の山が、すっぽりとあのデジタルデバイスの中に、収まることを想像すると、なんだか楽しい。書籍を収納するスペースのための住宅ローンって、いくらになるかわからないけど、馬鹿にならないと思う。それがなくなれば、もっと有効活用できるじゃない。自転車もう1台置くとかさ。あっ、これじゃ同じか。

とにかく、旬である電子書籍を読んでみよう。読んだことがないのに、こっちサイドで、批判してもはじまらない。最初の一冊は、ちょっとしたブームになっているダイヤモンド社の『もしドラ』だ。


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

  • 作者: 岩崎 夏海
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2009/12/04
  • メディア: 単行本




AppStoreのカテゴリでブックをタップすると、高田順二の『適当日記』が第1位、第2位が『もしドラ』だった。この本は、紙の本の販売が80万部を突破したベストセラーだ。実売はどうかと思って、知り合いに調べてもらうと15万部程度だという。(えっ、市場在庫が80万部-15万部の65万部もあるってこと?取次正味が7割で計算すると、7億3千万円の返品リスクがあるじゃない。だから版元は、在庫を持たない電子書籍にシフトしたがるんだよね。)それに対し、iPhone向けの電子書籍は4万DLを越える勢いだという。ということは、実際に売れた数量は、紙:電子=15万:4万。凄くない!この比率。想像以上に僅差だ。

何かあるぞ、電子書籍。とにかくポチっとしましょう。チャりん(なんて音はしないけど)500円玉1枚と100円玉3枚の800円でござる。紙の本の半額なのね。

で、読んでみたら、以外に読める。いや、通勤の読書と限定すれば、紙より快適だ。フォントがモリサワじゃないところが難だけど、それを除けば十分だった。いいじゃないの、これ。(あっ、これ書評じゃないよ。ダイヤモンド社のDReaderという電子書籍を読むアプリの話だよ。)

結論を急ぐわけじゃないが、方向転換だ。紙もアリだし、電子もアリだ。ハードカバーで読んで所有したい本もあれば、電子書籍で読みたい本があってもいい。

この『もしドラ』だって、(売れていたから)以前から読んでみたかったのだけど、ちょっと恥ずかしいかった。あの表紙でしょ。それから明らかにドラッカー入門書だとわかるタイトル。中年オヤジには苦しいでしょ。あれじゃー、レジに持っていけないし、家の書棚に並べられない。でもね、こういう本って少なからずある。電子書籍なら、買うのも持つのも恥ずかしくないのだ。

詳しい人に話を聞くと、日本の電子書籍市場はiPhone前から随分とあって、その大半がマンガとエロ。そして驚いたことに、エロ系ユーザーの中心は20代30代の女性だったという。

AppStoreの審査が厳しいから、そっち方面のiPhone/iPad用電子書籍が、発売されることはないだろうけど、電子書籍の潮流は全面的に大歓迎である。読書の幅や機会が拡がるのは確実だからね。

ところで素朴な疑問なのだが、紙の本を読まなくなった人たちが、電子書籍だからという理由で、読書に戻ることはあるのだろうか。あるとしたら僕はうれしいな。
posted by たけきよ at 17:48| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ネット通販はよくしますが、いまだにDL系の商品(音楽、本、アプリなど)は購入したことないです。ただ、iPadなら図鑑や地図も楽しくみれるのかも。

もしドラはあの表紙のギャップだからこそ手に取ってみたいと思ってましたが。
ちなみに僕の本の情報源はBS2の週刊ブックレビューです。土曜の朝なので練習のときは録画してみてください。
Posted by k2 at 2010年06月18日 19:55
僕も時々週刊ブックレビューをみますよ。
日曜深夜、BSHiの再放送です。
中江有里さんの司会が、けっこー好きです。
児玉清さんもいいけどね。
Posted by たけきよ at 2010年06月21日 13:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153680901

この記事へのトラックバック

写真点描・札幌花物語 7
Excerpt:  大都会の札幌は好感度も高いし、明治期からの、道路が碁盤の面のようになっていて、都市計画がしっかりしていましたね。住むにもよし、観光にもよしのオールランドプレーヤーのよ...
Weblog: つき指の読書日記by大月清司
Tracked: 2010-06-19 20:05

[iphone カバー 限定] を串刺し検索
Excerpt: 検索語を iphone カバー 限定 で楽天、yahoo!、amazonから串刺し検索(複数のデータから同時に検索すること)をしてみた。以下はその結果の一覧
Weblog: Yahoo! 楽天のショッピングモール、オークションを串刺し検索
Tracked: 2010-06-20 11:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。