2009年12月24日

Patissier Hal Yokoyama。

僕はケーキが大好きである。隠しているわけじゃないんだけど、中年オヤジがケーキについて語るのは、甚だ愚かしいことだと思っているので、その想いは口外することなく奥の方に閉じこめているのであるが、実は大好きなのだ。

そして今日はクリスマスである。クリスマスはケーキ(とチキン)って相場が決まっていて、どうしてそうなったのかは知らないし、それは苺組合とケーキ業界の結託したマーケティングプランの成果かも知れないけど、まーそんなことは気にしないで、今年もどこのケーキ屋で調達しようかヨダレを拭き拭き思案するのである。

購入の条件は、
1、もちろんおいしい!
2、地元の店
ってことだけ。

で候補は、
1、ナチュール(自転車で3分)
2、ハル・ヨコヤマ(徒歩2分)
だ。

これは市内ケーキ屋をほぼ制覇した僕としての結論である。まー、この2店だけで十分満足できるので、いつもこの2店だけで買っているんだけどね。

ハル・ヨコヤマが出来たのは2年位前で、それまではナチュールが市内では飛び抜けておいしかった。ナチュールの前は、ツェルマットか、新所のエミールで買っていたかな。ナチュールが出来た時は連れ合いと喜んだよ。近くにおいしい店が出来てよかったな!ってね。その後、ハル・ヨコヤマが出店してきて驚いた。都内でも勝負できる味じゃん!どうして?ってね。

さーてどうしよう、この2店は甲乙つけ難いのだよ。味の方向性は大きく異なるけどね。素朴でフレンドリーなナチュールか、ちょびっと気取ったハル・ヨコヤマか!

悩んだ末に、ただただ近いって理由だけで、今年はハル・ヨコヤマに決めました。

Xmas Cake.jpg

今年もおいしかったよ。ありがとう&メリークリスマスだな!

ハル・ヨコヤマは狭山市駅から徒歩1分。西口から東口へ抜ける一通の道路の線路を渡った先の右手。白い壁のお店です。東口のコインパーキングが利用できるみたいだから、車でも立ち寄れますね。
http://hal-yokoyama.com/index.html
posted by たけきよ at 22:23| 埼玉 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 地元の食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

餃子の店"新宿飯店"。

23日の祝日に予定されていた買い物を、前日に前倒するため、仕事を適当に切り上げてとっとと帰宅した。もちろん明日のツーリングに参加するためだ。

無事買い物を済ませるともう19時、お腹が空いたぞ。おとーはパスタにしようと提案したのだが、連れ合いの昼食がスパゲッテイだったということで、あえなく却下。僕は怯まず餃子はどうだ!と再提案。訴求ポイントは"安くておいしい餃子屋が近くにある"ってこと。これには誰も反論出来まい。

Xmas 004.jpg

ということで大いに賛同をいただき"新宿飯店"に行ってきました。赤い暖簾は餃子の店と白抜きの文字、店に入ればガラス張りの餃子専用仕込みブースがある。これだけで連れ合いも息子も大喜び。

奥の掘り炬燵の席に落ち着くと、僕は肉野菜炒め定食(餃子付)、連れ合いはチャーハン餃子、息子は半ラーメンと餃子を間髪容れずに注文する。

待つこと10分。出てきた餃子がこれ↓↓↓。

Xmas 002.jpg

うまい!もちもちにカリカリだよ。

お値段なーんと5個で200円。

安い!

これだけでも十分に安いのだけど、持ち帰りの生餃子は1人前100円。驚愕の1個20円だ。家で料理するより安いんじゃない。我が家の餃子も絶品だけど、正直こっちの方がおいしい。ちょっと大量に仕入れておこうかな。

しかし、生餃子が1個20円で、お店で食べると40円ということは、調理技術料、つまり美味しい餃子の必須条件である"焼き"が1個当たり20円ということである。我が家では"焼き"担当は僕だけど、半端な中華定食屋の餃子よりうまく焼けるという自信はあるものの、ここの店主ほどうまくは焼けない。もちもちカリカリは熟練の技なのだ。この技はプロに任せておけ。食べたくなったら、また来ればいいのだ。ということで年末年始のお休みを伺って店を出る。

場所は狭山から川越に通じる中台通りの中台ゴルフセンターの前。最寄り駅は南大塚かな。息子さんとお母さんが営む地元に密着した小さな店だけど、駐車場も完備しております。機会があればお訪ねくださいね。

あっそうだ。新宿と書いて"あらじゅく"と読みます。"あらじゅくはんてん"です。

posted by たけきよ at 22:02| 埼玉 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 地元の食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

やっぱりカレーはやめられない。

カレー好きが多いのか、インド人がこのあたりを好きなのか、理由は定かじゃないけれど、この辺はカレー屋が多い。多いだけじゃなくて、どの店もおいしいのである。

入間では、有名な"ジャイプール"に、ブリティシュスタイルの"インダス"。イオンの前の"カシミール"もおいしいし、ジョンソンタウンにも出来たらしい。所沢では、小手指の"チャンドニー"と"シャマ"がおししい。新所の駅周辺にも何店かあるし、少し離れるけど連れ合いの実家の近くにも出来たそうだ。狭山では"サンガム"かな。でも訪問した回数が一番多いのは、川越の"びんでぃ"だろうか。

我が家のみんなが特別カレー好きっていうわけじゃないけど、週末の昼食や夕食に、(僕の好きな)うどんや蕎麦やラーメンばかりっていうのはあまりに偏りすぎだし、ロードサイドの大きな資本が運営する店は、楽しい食事の演出にはならないから積極的に訪問しようと思わないし、高級店に行くには財布の中身が貧弱だし、連れ合いの家事負担も軽減させたいし、僕が台所に立つと収拾がつかなくなるので、困った時のカレー屋なのである。

で、困った時のカレー屋に新しい"お気に入り"が出現した。10月の末にオープンした"スパイスガーデン"だ。なんと我が家から徒歩2分。

暖かい土曜日のランチに、家族三人で出かけてみた。

場所は、くたびれた(失礼!)ビジネスホテルの1Fなんだけど、ここの店舗スペースは以前から存在していたのだが、営業してるのかどうかもよくわからないお店が歴代続いてね、しばらく空いていたんだと思う。人通りは多くないものの、交通量は多い交差点の一角にあるから視認性はいい。駐車場を完備すればそこそこビジネスになるかもしれない。もちろんうまいのが前提だけどね。近所を例にとれば、ラーメン屋"燈の車"はあの場所で列が途切れないし、うどん屋の"まる"だって茶畑の中にあるのに人が集まるのだから、やはり重要なのは味である。おいしい情報はあっという間に拡がる。そのインフラが今はあるんだからね。

GOLF 027.jpg

で、その味はというと、十分おいしかった。十分と書いたのは800円のランチセットとしてはという意味だけど、特大のナンやカレーは十分おいしかった。中でも特に気に入ったのは、サラダのドレッシングだ。息子はちょっと辛いって言ってたけど自家製だね。食べ始めは玉葱をすりおろしてあるのかなと思ったが、しょうがだねこれは。これはおいしいです。メニューには、サモサとかパコラとかシークケバブとか、もちろんタンドリーチキンなんかもあるし、ゴッドファーザーなるレアなインドビールもあったから、次は夕食に訪れようと思う。
posted by たけきよ at 14:11| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 地元の食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。